<   2007年 10月 ( 368 )   > この月の画像一覧
マザー・テレサの「赤ちゃんの部屋」
c0157558_0342322.jpg
10月27日に書いたミカちゃんの話。
マザー・テレサのところでボランティアをした人です。
そこには「赤ちゃんの家」という部屋もあります。
赤ちゃんが100人はゆうにいるだろうという部屋はぎっしり満員。
産まれて間もない赤ちゃんたちが身にまとっているのは、
小さいハンカチのサイズのボロギレ一枚。
ミカちゃんは止まらない涙をいっぱい流しながら働いた。


●○● 読者のコメント ○●○

私は今、涙が止まりません、
わたしも早く誰かのためになれる人になりたい。
[PR]
by fighter_eiji | 2007-10-31 22:56
人権への理解
ある地方自治体が有名な噺家(はなしか)を招待。
話が始まると手話通訳の人に気がついて「手話は気が散りますね。みなさんもそうですよね」と言って、手話担当の人はすぐに引き下がることに。

役所の担当の人は「お話をされる方に前もって言っておくべきだった」とよく分からない説明をもっともらしく。

即日、ろうあ者の団体が噺家に公式に抗議。

その国の人権理解の程度を知るには障害者の境遇を見れば一番分かる。日本は先進国からはほど遠い。
[PR]
by fighter_eiji | 2007-10-31 22:47
アドベンチャー
c0157558_0354426.jpg
一生忘れないもの。
それはアドベンチャー!冒険体験でしょう。
冒険に出よう!

行けるうちにね。

川柳: 冒険は、きょう行かないと、一生行かず
[PR]
by fighter_eiji | 2007-10-31 22:25
残るもの
ヒナちゃんは今29才。
ヒナちゃんの小さい頃からの声がカセットテープ100本余りにおさめられている。
保育園の頃から中学生まで。普段の会話や歌の発表会や。
これはすべておばあちゃんが録ってくれた。

写真も何千枚もある。パパが撮って写真集も作ってくれた。

みんな亡くなったが、ヒナちゃんは全部持っている。
[PR]
by fighter_eiji | 2007-10-31 22:23
深い映画
c0157558_037678.jpg
浅い人間よりは深い人間の方がいい。
深くなれる映画があります。
以下の監督さん達による作品です:

 カール・ドライヤー
 イングマール・ベルイマン
 アンドレイ・タルコフスキー

もちろん、他にも素晴らしい映画作家がいますが、その画面から来る 「静けさの中の深さ」 という意味でこの人たちの映画は特別です。

子供たちに見せるといいはずです。
彼らの映画が秘めた深きものが分からない人が多いですが、子供たちはちゃんと 「感じて」 いるんです。
こういう作品を早いうちに観ておけば、映画以外の物の浅さ、深さが分かるんです。
そうすると自分でいいものを選ぶようになります。
最高のものを見せておけば、大したこともない作品を 「世紀の傑作」 などと思い込まなくてすみます。つまらないテレビ番組に見向きもしません。

世界的映像詩人ユーリ・ノルシュテインが 「黒澤映画は観てないけど 「タイタニック」 は観た」 という学生たちに 「そんなもの観てると沈んでしまいますよ」 と言っていた。
[PR]
by fighter_eiji | 2007-10-31 22:04
劇作家とヴェローナ
c0157558_0375577.jpg
ああ、やっぱり早すぎた。門が閉まってる。今は朝の7時。しかもきょうは休館日だ。待っても開かないな。

ブルブルブルブルン・・清掃のトラックが来ておじさんがゴミ回収。正門の鎖をジャラジャラと開ける。

「ちょっと見せてもらっていい?」
おじさん「Si, OK」

中庭に入って有名なバルコニーを見上げた。
そこはジュリエットの家。

1日しか居られなかったヴェローナは美しかった。おじさんも優しかった。
気に入った私は2年ほど経った2004年にまた訪れた。今度はジュリエットの家の中も見学。

『ロミオとジュリエット』の作者シェークスピア自身はヴェローナを一度も訪れていない。
[PR]
by fighter_eiji | 2007-10-31 09:38
絵を守れ!
c0157558_0384276.jpg
渡してなるものか、ルノワールを、セザンヌを、マティスを、モネを。
第2次大戦の終戦間近、ドイツはフランスの美術館からありとあらゆる名画を持ち出すことにした。
「絵はフランス人の誇りだ。渡さない」国営鉄道の操縦士が車掌が整備工が立ち上がった。「俺はルノワールのモデルをしていた女性を知ってたよ」と老運転手が意地をかけての抵抗。

実話を元にした『大列車作戦』(The Train)は数多いジョン・フランケンハイマーの作品の中でも抜群。彼は朝鮮戦争に従軍した経験を持つ。
何の役をやってもすごいバート・ランカスターが炸裂。橋を走るシーンは彼にしかできない。

フランスの列車に乗るといつもこの映画を思い出す。
誇りのために闘った人達のおかげで自由は続く、どこまでも伸びるレールのように。
[PR]
by fighter_eiji | 2007-10-31 09:15
こどものため
c0157558_0411045.jpg
木が滑らか。
動きが滑らか。
つやがきれい。
雑音がない。
木が暖かい。
動きが美しい。
これらがすべて子供にとっての感覚で作られている。

さすがはスウェーデン。子供が優先されてるからいいおもちゃ。
こどもを優先するということはつまりは人が優先されている。

** 金儲けが優先された国ではいやなおもちゃがたくさん。


●○● 読者のコメント ○●○

全く同感 私は子供に携帯ゲームと ピストルのおもちゃを買い与える親が 信じられないのですが、そもそも作り手の志とか良心が ないのかと思うと 腹が立ちます。最近 本屋に並びまくっている携帯小説にもおんなじ いやらしさを感じます  企業の良心を 会社の正義を唱えたら 首になるような セコい社会なんでしょうか? 腹が立ちます (教師、母親)


●○● 読者のコメント ○●○

以前、皇室の愛子ちゃん(同じ人間だからあえて友達感覚で)が1歳ぐらいのときに
TVで映像が流れた時に、カタカタ手押し車を押しながら歩いてた。
その玩具は、ドイツ製(だったと思う)
おじいさんが片田舎で一人でコツコツ作り続けている。
赤字がかさみ、地元の銀行も融資を渋り跡取りも無くやめようかどうしようか迷っていた時に、
日本で話題になった「愛子様が使ってる。」だから欲しい。
おかげで、おじいさんの工房は予約でいっぱい。
政府も援助を始める。

コレを見て
愛子ちゃんが使ってるから欲しいのか?
本当に、木の玩具の良さが解って欲しいのか?
って、思う。

おかしい、日本人。
[PR]
by fighter_eiji | 2007-10-30 23:06
静かなる行進
c0157558_042652.jpg
物音ひとつしないビュッフェ。
誰もいないかと思ったらこんなに大勢。
誰も何も言わない。
食料の供給を受けて食べてるみたい。
ここは並ばなくてもいいんですけど。

席に着くと、ベチャベチャ食べる音と、
コーヒーを味噌汁みたいにすする音。
相変わらず会話はない。
また静かにどこかに去って行った。

** 「30人はいるだろう」と思う、すさまじいおしゃべり。振り返ると6人のおばさんのグループ。
[PR]
by fighter_eiji | 2007-10-30 23:03
とこやさん
c0157558_0425241.jpg
神社の高い木。
写真をクリック。

右側の木の上の方に小さく人が。
上から1.5センチ位下がったところで木の散髪中。
[PR]
by fighter_eiji | 2007-10-30 22:59