<   2009年 03月 ( 350 )   > この月の画像一覧
Japanese passport
The handling charge for issuing a passport
in Japan is JPY16.000 that is about USD180-.
It might be the most expensive country in
the world.
c0157558_22362140.jpg
1万6千円のパスポート発行料は世界一高いんじゃないかな?
c0157558_22371639.jpg

[PR]
by fighter_eiji | 2009-03-31 22:37 | English
Happy day
  -- From a Reader --

I felt veeeeery happy! on that day!!!!
I enjoyed badminton!
I enjoyed running!
I was glad to talk with friends whom
I hadn't talked !!

Thanks to you!!
c0157558_026154.jpg

[PR]
by fighter_eiji | 2009-03-31 00:25 | English
感じたら教えて
  ●○ 読者から ●○

お会いしてから1週間あまりですが,
いろんな話をさせていただいて,
聞いていただいて,
またアドバイスを本当にありがとうございます。

私が話させていただいた内容で,”あれ?”
とお感じになることがありましたら,
教えていただいたら嬉しいです。
意図していることと違った伝わり方や,
間違ったことを,子供達に対しても,伝えたくないので。

  - 先生 -

      ==

* 先生たちがこういう謙虚な人たちだと
子どもたちの不要な苦しみは少なくてすむ。
謙虚な先生にはまだ数人しか会ってない。
謙虚の180度逆の先生にはいっぱい遭った。

生徒も先生も誰でもそうだけど、
少数派ではあっても、きれいな心の人たちから
学び、応援し、一緒に成長したい。
[PR]
by fighter_eiji | 2009-03-30 23:24
最初のビデオレコーダー
== 「 エイジさんの学生時代を 」 とメールが届いたので ==

それは14才の時。
目がパッと開いた。
「 家庭用ビデオレコーダー発売 」 がその広告だった。

当時一番嫌いなのが勉強。
二番目は学校。
毎日、遊びまくって、暴れまくって、しょっちゅう先生に
呼び出されても 「 オレは用がない 」 と、
決して職員室には行かない。
時間がもったいない。

学校が言う勉強はぜったいしない私には個人教授がいた。
それは映画。
映画館はお金がかかるから時々しか行けなかったけど、
テレビの映画放映はほとんど全部を観た。
そこには学校の授業とはちがって
素晴らしい冒険や新しい世界が広がった。

映画雑誌 「 スクリーン 」 で見たそのビデオの広告に
さらに夢が広がった。
それまではカセットレコーダーをテレビの前に置いて、
なんのコードもなしに音を録音していた。
夢の録画装置の価格は30万円を超えていた。
それは1975年だから、今の100万円くらいな感覚だ。

家の両親は私が勉強をするのを一度も見たことがない。
しないんだから見るわけはない。
当時、親父とは口をきかなかった。
彼はいつも遊びまくって、時々1時間電車に乗って
高松へ映画を観に行く私をひどく気に入らなかった。
お袋には怒っていたらしい
「 なんでエイジは勉強せんのだ!」 と。
そのお袋は、私に一度も 「 勉強しなさい 」 と
言ったことはない。
言っても無駄だし、
言えばさらにマイナスになるのを知っていたから。

「 絶対にこのビデオを手に入れる!」
それが14才の私の決心。
「 丸亀高校に入ったら、このビデオを買ってくれるか?」
とお袋に「 スクリーン 」 の広告を。
30万円という価格付きの広告は、お袋が親父に見せた。

地元で一番有名な高校に 「 エイジが合格するわけがない 」
と考えた親は約束してもまったくリスクはない。
親父は約束した。

丸亀高校受験の話をすると、
担任の先生は 「 あんたアホやな!」 と笑い飛ばした。

何年も学校の机の中に押し込まれてままだった教科書を
開いた。
4ヶ月後に合格。
喜びすぎた親父はすぐに
Sony – Betamax ビデオレコーダーを買った。
当時、普通の電器店にはビデオレコーダーすら置いてなく、
Sony の丸亀支店に注文し取り寄せた。
店のスタッフもその装置を初めて見た。

1本の Betamax ビデオテープの録画時間は最大1時間。
1本は5500円だから2時間の映画1本には1万1千円かかる。
テープもその都度、注文取寄せ。
映画録画中のテープ交換はコマーシャルのタイミングに
行なうから、時計を見ながら気合いが入る。
コマーシャルカットもしていたから、右手の人差し指と親指は
「 一時停止 」 のレバーを握ったままの2時間。

『 街の灯 』
『 シェーン 』
『 自転車泥棒 』
『 天井桟敷の人々 』
『 鉄道員 』
『 山猫 』
『 道 』
『 アラバマ物語 』
『 灰とダイヤモンド 』
『 わが谷は緑なりき 』
『 サウンド・オブ・ミュージック 』
『 十二人の怒れる男 』
『 七人の侍 』
『 奇跡の人 』
『 大列車作戦 』
『 まぼろしの市街戦 』
『 大いなる勇者 』
『 俺たちに明日はない 』
『 イージーライダー 』
『 ひまわり 』
『 セルピコ 』

学校の勉強を無限大に上回るもっと大事な
「 本当の勉強 」 が家庭に届いた。

高校に入ると、ますます学校の勉強はつまらない。
成績はずっとクラスで2番だったが3年生になると1番に。
もちろん下からである。
大学に行くつもりはまったくない。
ますます親とはしゃべらなくなって
「 もう家にいるのは耐えられない 」 と思ったから、
3年前と似たような作戦に出た。
「 オレがまあまあの大学へ入ったら生活費を出せるか?」
と親へ。
大学を完全にあきらめていた親は 「 どうせ無理だから 」
と約束。

受験することを聞いた担任は即座に
「 絶対に不可能だ!」 と言い切った。

12月1日は「 映画の日 」。
「 よし、これはオレの日だ 」 と思って、
12月1日から教科書の暗記を開始。
2ヶ月半後の大学入試で中央大学、法政大学他に合格し、
念願の家を出ることに。
家を出た日は、今でも人生最良の日。

映画を録画するように、
教科書の内容を頭に録画してごまかした高校と大学入試。
どちらも、もっと映画を観るための手段だった。

あの Sony - Betamax をかかえて船と電車を
乗り継いで東京へ。
「 1日最低2本 」 を目標に毎日、
名画座やアテネフランセ、日仏学院、
京橋のフィルムセンターに通う。
フィルムセンターは学生料金が130円くらいだったと思う。
たったの130円でゆうに130万円を超える価値のある
映画の数々を。
映画のあと、持ってきたスポーツバッグを肩に、
夜は協栄ボクシングジムに通った。
当時は具志堅用高さんが世界チャンピオン。
昼間は世界一の映画、夜は世界一の選手の練習を見た。
自分でプロボクサーになっても世界の壁という
果てしなく遠く高い城壁を感じた。
最高峰の映画を作った映画人たちの
気骨や賢さや勇気を同時に学んだ。

[ ボクサーのオレは一生修行しないと ]
と決めた私は酒・タバコ・キャバレー・パチンコなんていう世界に
一滴も、一歩も入ってない。
[ ボクサーのはしくれのオレは 「 疲れた 」
 という言葉を絶対に言わない ]
と決めた。それ以来一度も言ってない。

それは映画が伝えてくれた人間の崇高さ。
それは映画が教えてくれた信念の尊さ。
そしてボクサーの闘うリングが教えてくれた潔さ。

反逆児だが不良じゃない。
反体制だがチンピラじゃない。

数多くの格調高い映画のおかげ。
人間が生きる意味を、録画して何度も何度も観ることで
学んだおかげ。
映画一本に1万1千円かかったテープのおかげ。
こづかいをためるのにも使うのにも気合いが入っていたから、
見方、吸収力がちがう。

今、1枚20円ほどの DVD で何千本もの映画を録画するが、
あの Betamax テープから学んだ真実にはかなわない。
今、ハイテクを駆使したマーケティング商品としての
映像作品が大量放出されるが、
あのテープに収められた数十本の映画にはかなわない。
幼い頃、若い頃に学んだものが、その後の自分の血肉になる。

2年ほど前、名映画監督のヴィクトル・エリセが言った
「 今の映画の95%は映画じゃない。
 本当の映画とは人間や自然の道徳や倫理を描くもの 」
それはあらゆる映像作品にも言えること。

いい映像は真実を伝え、人の人生を真実にする。

18才でミカン箱ほどもある大きなビデオレコーダーを抱えて
東京に来た私は、48才の今、小型のビデオカメラを腰に
世界を回る。
世界に暮らす人々を記録するために。
いろいろ教えてくれた世界にお返ししなきゃ。
[PR]
by fighter_eiji | 2009-03-30 23:14
経産はずれ
  - 共同ニュース (Mar 30, 3009) -

  経産省、西松関連質疑を掲載せず ホームページで
経済産業省が二階俊博経産相の閣議後の記者会見を
ホームページに掲載する際、西松建設の政治献金関連の
やりとりについては「経済産業行政と関連がないため割愛」
として3月6日以降は載せていないことが30日の衆院消費者
問題特別委員会で共産党吉井英勝議員の指摘で分かった。
経産相は「記者会見は公開の場で申し上げていること。
その瞬間に公開されているのと同じ」と答弁した。

  ==

経済産業省もどの省庁も都合の悪いことは言わない。
市民に雇われているのに、市民をあざむいて、知らん顔。

川柳 : 経産省、計算ばかりで、計算ちがう

 ==

3-4年前に経産省の男たちが 「 ピースメーカーズの
活動の話を聞きたい 」 と言うから会いにいった。
男が7人位出てきて2時間しゃべった。 みんなヒマだね。

お茶の一滴も出さなかった。 人を呼んでおいて。
彼らの質問のひとつは
「 パトロールの時の歩く速度はどのくらい?」
[PR]
by fighter_eiji | 2009-03-30 23:04
絶対受からないからダメ
「 私は先生に " 絶対に受からないからやめなさい! "
 と言われていた高校に合格しました 」
「 先生とは、受からなくても生徒の希望を優先するべき
 なんじゃないでしょうか?
 自分の都合で人に進路指導をしています 」

となにごとにも一生懸命なはるかちゃん。
[PR]
by fighter_eiji | 2009-03-30 22:55
持ってる知識
知識は持っていてもしょうがない。
多くの人が・・

▼ 持っていても使わない
▼ 知識を元に武器を作る
▼ 人殺しゲームを作る
▼ それらを買う
▼ 立場を悪用する
▼ 人をだます
▼ 自分のためだけに利用する
[PR]
by fighter_eiji | 2009-03-30 22:54
Cigarette butts
Smokers left the cigarette butts in a bear can
as they often do so.
c0157558_22303793.jpg
ビールの缶に残されたタバコの吸い殻。
よく見る光景
c0157558_22304921.jpg
They are left at the flower spot for the
person who got killed by a train a few weeks ago.
c0157558_22312851.jpg
2週間ほど前に電車事故で亡くなった人の花束の脇に
置かれている。
[PR]
by fighter_eiji | 2009-03-30 22:38 | English
Good teacher
A good teacher will not make good students.
Good students make a good teacher.
[PR]
by fighter_eiji | 2009-03-30 22:02 | English
泥棒官僚
  - 共同ニュース (Mar 30, 2009) -

  高橋洋一・東洋大教授が窃盗容疑 竹中元総務相のブレーン

 警視庁は30日、練馬区にある天然温泉施設の
脱衣所ロッカーから、男性の財布や高級腕時計など
計約30万円相当を盗んだとして、窃盗の疑いで東洋大の
高橋洋一教授(53)=東京都板橋区=を書類送検した。
元財務官僚の高橋教授は竹中平蔵元総務相のブレーンとして
知られ、06年には内閣参事官として郵政民営化推進に従事。
08年3月に退官し、東洋大教授に就任した。

  ==

* 盗みの練習は、税金大泥棒集団で知られる財務省時代に?
[PR]
by fighter_eiji | 2009-03-30 22:00