<   2012年 10月 ( 97 )   > この月の画像一覧
Instead of a "nobody"
To be somebody,
you've got to do something.
[PR]
by Fighter_eiji | 2012-10-29 09:20 | English
CM の内容を考えない=お金だけ
子どもたちへ :

  ○ 外国の人から ○

「日本のスポーツマンや俳優が酒やビールの
コマーシャルに出るのは、ワタシの国では
考えられないことです。
自分はバカですと言うようなものです。
コマーシャル出演の依頼が来た時に
これは、まずいとか思わないわけですね。
残念です」


  ● 読者から ●

私も海外駐在をしてはじめて
そういう社会意識の違いを感じました。
日本のレベルはとても低いのを実感しました。
やはり島国根性はいけませんね。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-28 22:42 | Children’s Times
産経みたいなのしかない
 「日本にはNHKと朝日新聞があるのが羨ましい」
           と韓国人記者
   2012年10月27日 Excite News

 緊張続く中で、長く日本報道に携わるベテランの韓国人記者に、現在の日本を取材して感じることを聞いた。(取材・構成=フリーライター神田憲行)

 * * *

日本人相手の取材がやりにくくなったという印象はとくにありません。
記事を発表する前に原稿を見せて欲しい、という人が増えたぐらいかな。
ただ、抗議のメールというのはずっとあります。
日本人からのメールは冷静で、最後は必ず、
「あなたは日本が嫌いなのでしょう。いちいち構うな」
と書いてある。
しつこくメールが来て、冷静だけど繰り返し繰り返し書いてあると、いつか実力行使でなにかされるんじゃないかと恐怖を感じています。

尖閣諸島問題。
率直に言って、韓国国内の反応は「ざまあみろ」という気持ちが強い。
自分たちが実効支配している国に外国から攻めてこられたら、嫌だろうと。
独島の問題と重なるんですよ。

取材対象として興味があるのはネット右翼の「在特会」です。
「在日特権を許さない」と言われても、私たちいつも差別されたり下に見られてきたから、「はあ? どこに特権が?」と思う(笑)。
今の日本人は「反日」という言葉に敏感すぎる
。韓国にしても中国にしても、「反日」は今に始まったことじゃないのに、反日にこれだけ敏感に反応する日本人を見たことがない。

 韓国人からすると、日本人は冷静で頭が良くてなにを考えているのかわからない民族で、いつかまた侵略戦争を仕掛けてくるという、確信に近い恐れがあるんです。
韓国人は戦争に対する恐怖感が常にあるんですよ。
北朝鮮、中国……韓国に対して領土的野心がないのはアメリカぐらいじゃないか。

だからヨン様ブームとか「韓流」で韓国が好きな日本人の話を聞いても、「なにそれ、またバカにするために何か企んでいるんじゃないか」と最初に考えてしまう。
そもそもヨン様が韓国でトップクラスの俳優とはいえない人だからね(笑)。

 韓国人からすると日本人からいつも下に見られて、キムチ臭い、ニンニク臭いと言われてきた。
新しい白菜が出るとキムチを漬けて親しい人に配るという習慣が韓国にはあるのですが、日本人にあげても「ありがとうございます」といいながらも後で捨てるということが本当に2000年くらいまでありましたからね。「嫌韓」と言われても、「いまさら何を言っているんだ」と思う(笑)。

でも、韓国のことが本当に好きな日本人がいることや、社会が以前にも増して反日に敏感になっていることを、韓国の読者やメディアのトップはまだわからない。
だから有名な新聞でも極めて反日的で挑発的な記事が出るんです。
韓国人のジャーナリストとして、日本にはNHKと朝日新聞があるのが羨ましいなあ。
いろんな見方をするメディアがある。
韓国には「産経新聞」みたいなのが大手新聞だから(笑)。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-28 18:35 | Children’s Times
横浜教委の驚異的な脅威
 横浜市教委“通知表 保護者らに事前確認”
     2012年10月27日 NHK


通知表の成績などの記載ミスを防ぐためだと、横浜市教育委員会がすべての公立学校に対し、通知表を配付する前に保護者や児童生徒に内容を確認してもらうよう指示していた。
確認の際、一部の学校が通知表のコピーを渡しているのは不適切ではないかとする指摘を受けて、教育委員会は対応を検討するとしています。

横浜市では、昨年度、通知表に別の生徒の成績を記載したり、出席日数を誤って記載したりするミスが相次ぎました。
再発防止策の一つとして、教育委員会がすべての市立の小学校と中学校、高校や特別支援学校に対し、、通知表を、確認してもらうよう指示していたことが分かりました。

教育委員会では、確認する内容や方法についてはそれぞれの学校に委ねたということですが、一部の学校が通知表のコピーを渡しているのは不適切ではないかという指摘を受けた。

市の教育委員会は「ミスが後を絶たないため、事前に保護者に確認してもらうことで、減らしたいと考えている。
内容は保護者との面談の際に示していることもあり、問題はないと考えているが、不適切とされた方法については今後検討したい」と話しています。


  ○ 読者から ○

こいつらバカですね。
自分のミスを直さずに人に押し付けて
それでも給料をもらうという詐欺集団ですね!

  ○ 読者から ○

所詮、教員どもが作っているのが教育委員会。
馬鹿の集まりだからお話しにならないです。

  ○ 読者から ○

そもそもミスがあって、それがなくならないのがおかしい。
それを父兄や児童に確認させるなんて
教師たちがどんなに大馬鹿か
あきれて物も言えません。
[PR]
by Fighter_eiji | 2012-10-28 01:24 | Children’s Times
球界のイヤなオッサンら
   大リーグ行き選手をいじめ
       NHK

花巻東高校の大谷翔平投手が大リーグ挑戦の意向を表明していることについて、プロ野球の12球団は、指名を拒否して海外に進む選手に対する、現在の復帰制限の在り方について、今後議論していくことになりました。

プロ野球のドラフトでは、日本ハムが、大リーグへの挑戦を表明している花巻東高校の大谷投手を1位指名しましたが、大谷投手は「指名を受けても、アメリカで野球をやりたい気持ちは変わらない」と話しています。

こうした事態を受けて、プロ野球の12球団は、27日に東京都内で開いた会合で意見を交わしました。
12球団ではすでに、日本の球団からの指名を拒否して海外に進んだ選手については、海外の球団との契約が切れた時点から、高校生の場合は3年間、大学や社会人の場合は2年間、ドラフトの指名対象から外すことを申し合わせています。

27日の会合では、この申し合わせについて、日本から大リーグへの選手の流出を防ぐために設けられたにもかかわらず、歯止めになっていないとして、「今の制限では問題があるのでは」といった意見が出されました。
[PR]
by Fighter_eiji | 2012-10-28 01:15 | Children’s Times
法律違反の王者=警察
 警視庁、規制緩和後も標識変えず
     誤って「違反」30件
  2012年10月26日 共同


東京都中央区と調布市の道路で、規制が緩和された後も車線変更禁止などの道路標示や標識を変更するのを忘れ、誤って違反として取り締まったケースが2007年以降、計30件あったことを明らかにした。
免許停止になったケースも2件あり、警視庁は運転手に謝罪するとともに違反取り消しや反則金返納手続きをする。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-27 20:31 | Children’s Times
チェルノブイリと福島
    チェルノブイリの放射能専門家
    福島市民の前で発した重い警告

   国家による国民に対する犯罪行為
  2012年10月26日 Excite News

この1年半、放射性物質をめぐって、今なお「心配ない、安全だ」という人と、「危険だ」という人の間には大きな溝が存在。

10月16日、日本の状況を冷静に見ることができる人物が緊急来日。

ベラルーシにある民間の研究施設「ベルラド放射能安全研究所」のアレクセイ・ネステレンコ所長。

研究所では、チェルノブイリ事故以来、ホールボディカウンターで45万人以上の子供たちの体内被曝量を測定し、39万件に及ぶ食品の放射能検査をた。

「国の発表したデータは誰も信用していませんでしたから、個人が使える線量計を作らねばなりませんでした」
国の言うことは信用できないという構図は、日本と一緒だ。

「次に行なったことは、食品を測定できる『放射能地域センター』を学校などに設置し、各家庭から食品を持っていって測定できる体制をつくりました。また、測定だけでなく、どう調理すればいいかを指導するようにしました」

日本では、個人が自由に食品検査をするまでには至っていない。

「さらに、ホールボディカウンターで人体の測定を始めました。45万人の子供たちの体内被曝を測定した結果、子供たちの体内に放射能が蓄積されていることがわかりました。では、蓄積された放射能を減らすためにどうすればいいのか。われわれは放射能を体内で吸着する吸着剤を対策法として考えました。研究の結果、『ビタペクト』という吸着剤を開発し、これまで130万人以上にビタペクトを提供してきましたが、それを飲むことで子供たちの体内被曝量が減るという大変よい結果が得られています」

ビタペクトの主要成分であるペクチンは、体内でセシウムと結合し、さらに人体の代謝の働きをよくするため、セシウムを体外に排出していく作用があるという。

子供の被曝を避けながら、住民が放射能汚染のなかで生活していくためのこうした活動だが、ベラルーシ政府はまったく協力的ではなかった。
ネステレンコ氏は日本政府も痛烈に批判。

「日本は(避難区域の放射線量基準を)年間20ミリシーベルトとしていますが、これは国家による自国民に対する犯罪行為だと思います。20ミリシーベルトであれば国家にとって都合がいい。なぜなら、『20ミリシーベルトまでは安全』と言っておけば、対策をしなくて済むからです」

福島が置かれた状況について語り出した。

「将来、福島でどのような病気が増えるのか、また病気の子供が増えるのかといえば、残念ですが、病気の人が増えると思います。ベラルーシでは低量の汚染地域でも重病の患者が多く出ています。子供の甲状腺がんについて、ベラルーシは悲劇的な状況だというしかありません。低量であっても、放射能は体内に入ると遺伝子に大きな影響を与え、精子の一部や生殖器の一部が壊れると、それが子供にも遺伝し、さらには孫に影響が出る場合もある。しかし、このような予測を言うことは、『大丈夫ですよ、何も危険なことは起こりませんよ』と言うよりはいいのではないでしょうか」

福島では「放射能は安全だ」という人たちも大勢。

福島市内在住の主婦
「福島では『放射能は安全』『ここに住んでも大丈夫です』と言われているので、たまにこういう厳しいお話を聞かないと、自分がどう思っていいのか不明確になってしまうんですね。今日は、放射能は人体へ悪影響を及ぼすということの確認のためにも来ています」

ネステレンコ氏は、福島の未来のために協力したいと語るが、そこには壁があるという。

「現在、福島原発事故について明らかになっている情報が、言ってみれば氷山の一角で、真実が水の中に隠れているからです」

福島は真実を待っている。

(取材・文/頓所直人)

   ===

悲惨なチェルノブイリだが、
「福島の汚染は、チェルノブイリとは比較に
ならないほどの重症だ」と専門家たち。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-27 10:33 | Children’s Times
心で見る
子どもたちへ :

なんでも「心で見よう」ね。
「心の目」が一番大事。

大人は、それができない。
なんでできない?
- 「心」自体がなくなっちゃったからね。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-26 11:35 | Children’s Times
Negative comments
Don't worry or even pay attention
to all that negative things that
people are telling you such as
" No, you can't do it. ".

The fact is that they can't do it
and yes, you can do it !
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-26 11:32 | English
World's population
Population in the world is growing.
It doesn't mean that we are
having more people though.

We have more and more
sheeple every day.
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-26 11:28 | English