<   2012年 10月 ( 97 )   > この月の画像一覧
Tougher than tough stuff
No matter how it's tough,
believe in yourself.
Believe that you can do it.
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-26 11:11 | English
普段やってることをタクシーでも
   海上保安官を暴行容疑逮捕
  泥酔してタクシー運転手殴る-新潟

タクシー運転手の頭を平手で数回殴った
海上保安本部の海上保安官、安江隆(55)を逮捕。
(2012/10/21-時事)
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-26 11:07 | Children’s Times
地球破壊団
     日中関係に「具合悪い」
 石原知事の新党結成―米倉経団連会長
   2012年10月25日 時事

 経団連の米倉弘昌会長は、石原慎太郎の新党結成について「なぜ都政よりも新党結成の方が重要なのか」と疑問を呈した。その上で、日中関係にとって「具合が悪い」との認識を示した。
石原の辞任表明会見に先立ち、都内で記者団に語った。

 石原は同日の会見で、国家財政に関して経済界は認識不足であると厳しく批判しつつ、経団連の米倉会長を「たぬきみたいなおっさん」とこきおろした。


  ----


        石原の新党
  「右翼層のさらなる支持獲得の可能性」
  2012年10月26日 Excite News

 中国メディア・人民網の記事は、80歳になる石原について「日本の右翼グループを代表する人物の1人」としたうえで、25日の記者会見の内容を紹介。

記事は日本国内の中国語メディア・日本新華僑報の蒋豊編集長の意見を紹介。
蒋氏は、尖閣購入実現、石原伸晃の自民党総裁就任に続く3度目の「夢」として、石原氏が日本の政界に「第3の極」となる政党づくりを掲げたものの、民主党の失政により日本の世論が「政権掌握の経験のない政党が与党になることを望まない」と指摘、石原氏の新党には「大きなニーズはない」と論じた。

一方、復旦大学日本研究センターの郭定平教授は「彼の挙動が釣魚島(尖閣諸島の中国名称)問題を緩和させることはない。
かえって日本国内の右翼的感情が高まる」と予測。
都知事を辞して身分的な制限が小さくなったことで右翼的な発言がよりしやすくなり、今後さらに多くの右翼的民衆の支持を集める可能性があると指摘。(編集担当:柳川俊之)
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-26 11:03 | Children’s Times
死刑になった人、無罪だったらしい
       <飯塚事件>
  ネガから元死刑囚と異なるDNA 
  2012年10月25日  毎日新聞

 福岡県飯塚市で92年、女児2人が殺害された「飯塚事件」で、死刑が執行された久間三千年(くま・みちとし)・元死刑囚(執行時70歳)の再審請求をしている弁護団は25日、被害者の遺体などから採取された血液のDNA型鑑定に使われたネガフィルムを解析した結果、久間元死刑囚とは異なるDNA型が見つかったと発表。

 再審弁護団は同日、「真犯人のDNA型」とする意見書を福岡地裁に提出。
福岡地裁は検察側に対し、ネガを保管していた警察庁科学警察研究所(科警研)に他の資料が残っていないか調査するよう勧告。

 飯塚事件では再鑑定できるだけの試料が捜査時に使われて既になく、DNA型の再鑑定は不可能。
再審の可否を検討する福岡地裁がネガの解析結果をどう判断するか注目される。

 確定判決では、久間元死刑囚のDNA型と被害者の遺体などから採取された血液のDNA型の一致が有罪の証拠の一つとなった。
弁護団は「ネガの解析結果は元死刑囚の無罪を示す決定的な証拠」と主張。
一方、福岡地検は「鑑定の内容に誤りはない」と。

 ネガは科警研が「MCT118」法と呼ばれる手法でDNA型を鑑定した際の資料で、今年2月に福岡地裁が取り寄せ、弁護団が9月に複写して専門家に解析を依頼。

 久間元死刑囚の型は、MCT118法で「16−26」型とされている。
被害者の遺体などから採取された血液に「41−46」型が見つかった。
一方、「16−26」型は、犯人の血液が混じる可能性がない試料からも出ていたり、不鮮明だった。

 弁護団は「ネガは証拠として提出されず、『41−46』型が現れた部分を意図的に除いた現像写真だけが提出された。
科警研による隠蔽(いんぺい)行為だ」と主張。
福岡地検は「ネガも証拠として提出している。写真は書面のサイズの問題で一部を切り取っただけで、隠蔽ではない」と反論している。【遠藤孝康、川上珠実】
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-26 10:58 | Children’s Times
文化庁の痴漢常習
    文化庁職員 電車内で痴漢
     10月25日 NHK

文化庁の長官官房政策会計室の経理係長藤澤和寛(36)は、高校1年の女子生徒の下半身を触った。
女子生徒から「通学中にたびたび痴漢の被害に遭う」という相談があり、警戒に当たっていた警官が藤澤を取り押さえた。
調べに対して容疑を認め、「清そな感じが気に入って、これまでにも触ったことがある」と供述。
[PR]
by Fighter_eiji | 2012-10-25 23:31 | Children’s Times
もうかる役所職員
 個人情報漏えい 市職員から持ちかけか
      10月25日 NHK

千葉県船橋市の職員の女が、住民の個人情報を不正に探偵業者に漏らし逮捕された事件で、業者が調べに対し「5年前に職員の女から情報の提供を持ちかけられた」と供述。

船橋市の職員、江藤ひろみ(48)が職場の端末から引き出した住民の名前や離婚歴などを探偵業者の西岡貞人(49)に不正に漏らした。
江藤が見返りに金品を受け取っていた。

  ----

  偽装結婚容疑、大阪市職員逮捕
   韓国人ホステスに在留資格
   2012年10月24日  時事

在留資格を得るため偽装結婚したとして、大阪市環境局職員福満文彦(49)と、韓国籍のホステス文昭妍(35)を逮捕。
文は容疑を認め、福満は否認。

福満は数百万円程度の借金を抱え、結婚前後には口座に数十万円の入金があり、文からの報酬だった疑いがある。 
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-25 09:09 | Children’s Times
よく燃える原発
  <高浜原発>原子炉補助建屋でぼや 
   2012年10月24日  毎日新聞


24日午後3時半、福井県高浜町の高浜原発2号機の原子炉補助建屋で、塗装用の溶剤を入れたポリ容器から出火、容器内の紙を焼いた。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-25 09:03 | Children’s Times
プルトニウムを飲む
  「原発発禁本」の戦慄内容を公開する!(6) 
     「専門外だからわからない」
   2012年10月24日  Excite News

9月11日、福島県の子供の甲状腺検査で、1人が甲状腺ガンと診断されたことが、検討委員会で報告された。
甲状腺に5ミリ以上ののう胞やしこりが見つかった子供は、昨年度は35.6%だったのが、今年度には45.6%に増えている。
それでも、検討委員会は「チェルノブイリ事故後の発症増加は最短で4年」などとして、原発事故との因果関係を否定。

 しかし、ベラルーシにおける甲状腺ガンの症例数を見ると、チェルノブイリ事故の翌年から増えている。「4年」というのは激増し始める時期だ。子供たちを放射能にさらした山下は、まだ役職を降りていない。

 また、次の妄言をご記憶の方も多いだろう。

「プルトニウムは飲んでも大丈夫」

 これは、05年12月に佐賀県で開かれた公開討論会で東大大学院教授の大橋弘忠の発言だ。
この時、“専門家”として、「原子炉格納容器が壊れるとは思えない」という発言も。

福島第一は爆発で、格納容器は壊れ、炉心がどこにあるかもわからない状態だ。
「タブーなき──」では、戦犯追及だけでなく、広瀬隆氏ら複数の専門家のインタビューも掲載。
彼らが、3号機で起きたのは、核爆発の一種、即発臨界爆発だと指摘。
プルトニウムが飛散したのだ。

我々のスタッフは、大橋の研究室まで行き、その真意を問いただした。
まず、手始めにネット上にあふれた「大橋叩き」の質問を繰り出した。

「自分の家族がプルトニウムを飲んでも平気ですか」

 すると、こう言って大橋は平然としてみせた。
「ナンセンスだ。くだらない質問には答えたくない」

 しかし、次にプルトニウム以外の放射性物質について尋ねていく。
そこで、大橋の発言にスタッフは虚を突かれた。

「専門外だから、よくわからない」

大橋の専門分野はシステム量子工学。
コンピュータ・シミュレーションの専門家だったのだ。
プルトニウムを100万分の1グラム吸い込んだだけでも、
肺ガンになって死んでしまうことを知らないのも道理なのである。

大橋は、東京電力に5年ほど勤務。
そのあとに東大に復帰した“生っ粋の御用学者”だ。
原発の安全性を信じさせるために詭弁を生み出すのが、彼の仕事。

ところが、北陸電力は昨年設置した原子力安全信頼会議に大橋を加えている。

“専門外”のトンデモ学者が、現在も“原子力ムラ”を支えているのだ。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-24 15:34 | Children’s Times
出荷できる放射能
   福島のコメ初の基準値超え
  110ベクレル、出荷自粛を要請
   2012年10月24日  共同

福島県は、コメの全袋検査で、須賀川市の農家が出荷した1袋から、食品の新基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える110ベクレルの放射性セシウムを検出。

  ==

それでも決して「出荷禁止」
じゃなくて「自粛」
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-24 15:29 | Children’s Times
住めるところのない島
   放射性物質、4原発で30キロ圏外に拡散 
   東電・柏崎刈羽や関電・大飯など地図公表
         Nikkei News


 原子力規制委員会は24日、福島第1原発のような事故が全国16の原発で起きた際、放射性物質の拡散を予測した地図を公表した。
東電柏崎刈羽や関西電力大飯原発など4原発で、広域避難の目安とする半径30キロメートル圏を超えて広がる可能性を示した。原発の周辺自治体がつくる防災計画で避難区域の拡大などの影響が出そうだ。


予測する最大の拡散距離

泊 19.9キロメートル
東通 13.6
女川 18.3
福島第2 32.5
東海第2 13
柏崎刈羽 40.2
浜岡 30.9
志賀 19.6
敦賀 19.9
美浜 18.2
大飯 32.2
高浜 29.7
島根 24.2
伊方 21.9
玄海 27.5
川内 21

 規制委と独立行政法人原子力安全基盤機構(JNES)が共同で作成した。公的な機関が日本のすべての原発ごとに地図を伴う拡散予測を公表するのは初めて。

 福島第1事故と同量の放射性物質が出る場合と、各原発の出力に応じて放射性物質がより深刻な事態を招く場合の2通りを予測した。具体的には10時間の放出が続き、事故後1週間で被曝(ひばく)量が計100ミリシーベルトに達する範囲を示した。これは住民の緊急避難が必要な水準とされる。

 拡散予測が30キロを超える地点があったのは東電の柏崎刈羽と福島第2、中部電力浜岡、関電大飯の4原発。いずれも原子炉が複数あり出力は事故を起こした福島第1より大きい。柏崎刈羽だと東南東方向に40.2キロ、新潟県魚沼市まで届く。

 福島第1事故と同量の放射性物質が拡散する予測は17.7キロ(東北電力女川)~23.8キロ(中電浜岡)で、いずれも30キロ圏におさまった。

 JNESは福島第1事故の際、1週間の被曝量が計100ミリシーベルトとなったのは20キロ以下だったと推計。
今回の予測を福島第1に当てはめると18.7キロになる。
24日の会合で規制委の島崎邦彦委員長代理は「防災関係者で共有できる知識として重要な成果だ」と指摘。
田中俊一委員長は「福島事故では十分に情報が行き届かなかったことが問題だった。
(今後の対応は)自治体とも十分相談していきたい」と述べた。

一律30キロ圏になれば135自治体、のべ480万人が対象。

 実際の範囲は自治体が裁量に基づいて決める。
今回の予測を参考に、30キロ以上に拡大する自治体が出ることもあり得る。
対象の範囲を広げれば、県境をまたいだ避難時の調整や避難の指示、物資の確保といった対応が難しくなる。


  ==

彼らの言う数字を30-100倍すれば、本当に近づく。

数多く行なわれたアメリカ・ネヴァダ州の核実験では、
放射性物質はアメリカ大陸中どころか、カナダ、北極
太平洋、大西洋、南米まで達している。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-10-24 15:25 | Children’s Times