<   2012年 11月 ( 52 )   > この月の画像一覧
50人のキッチン、ドーム54個の畑
     天皇家の食事

 両陛下の食事を実際に作るのは、宮内庁大膳課の職員。
大膳課は5つの係に分かれ、第1係は和食、第2係は洋食、第3係は和菓子、第4係はパンと洋菓子、そして第5係が東宮御所担当となっており約50人が勤務。

 材料は厳選されたものを使うのだが、新鮮な肉、野菜、乳製品といった食材のほとんどが栃木県高根沢町にある御料牧場で生産。
252ヘクタール(東京ドーム約54個分)と広大な敷地。
周囲の至るところに“立ち入り禁止”の看板。

 - 女性セブン、2012年11月29日号 -
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-22 17:13 | Children’s Times
困難な選挙
「今度は、とっても難しい選挙ですね」
と日本に住む外国人。

「だって馬鹿(=民主)か、最低最悪(=ジミン)
を選ぶわけだから・・」
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-20 10:09 | Children’s Times
あて名書きの文字
「今度のは小学校5年生くらいね」
封筒のあて名書きを見て、ヒロちゃん。

「エイジ宛てに来る、講演依頼書とか案内書とか
令状とかのあて名書きの文字にはビックリするわ。
校長や教頭が書いてるんでしょ・・・
・・・あー、こりゃあいかんわ」
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-20 10:07 | Children’s Times
取れない有給休暇
   日本の有休消化はワースト1位
 2012年11月19日  Excite News

同僚への配慮など、気を使いがちな有給休暇の取得。
エクスペディアが、世界22か国の有給休暇調査。

22か国、16歳以上の有職者男女計8,687人を対象に、2012年9月~10月に実施。
各国の有休支給日数を2011年度と比較したところ、日本は世界で唯一増加し、昨年より2日多い13日支給された。
一方で未消化日数も昨年の6日から8日と2日増。
結果、消化率は38%と、引き続き世界ワースト1位という結果。
また、米国では18%、日本では17%が、有休支給日数が「0日」であると回答。

日本人の有給休暇を消化しない理由は、1位「経済的な余裕がない」、2位「同僚から否定的な見方をされる」、3位「家族等とスケジュールが合わない」、4位「計画不足」、5位「繰越しができない」の順となった。一方、世界では、1位「家族等とスケジュールが合わない」、2位「繰越しができない」、3位「経済的余裕がない」、4位「繰越ができない」、5位「消化しない場合、手当が支払われるから」となっている。

「同僚から否定的な見方をされる」と感じている割合は、アジアが全体的に高く、その中でも主な理由として挙げているのは日本のみ。「上司が有休に対して否定的である」と回答したのも世界で4位と上位であることから、日本の有休消化率の悪さは、人間関係に起因。

世界で有休支給日数が少ないのは、1位が韓国・台湾の10日、3位が米国12日、4位が日本13日、以降はマレーシアとシンガポールが14日間と続き、米国を除くとアジア圏が独占。
韓国は7日間消化、台湾は10日間すべて消化している一方で、日本が消化しているのは5日間のみと圧倒的に少ない。

そして休暇中も「仕事のことを決して忘れない」と回答した割合は、日本が世界で1位。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-20 10:04 | Children’s Times
邪悪の自民のとっつぁんら
 石破茂 国会内で使用制限の携帯メール
     2012年11月20日

自民党の石破茂幹事長は、国会中に使用が制限されている携帯電話でメールを打っていた。

撮影■太田真三
※週刊ポスト2012年11月30日号
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-20 08:51 | Children’s Times
公務員の内部被ばく腐敗
      <福島・検討委>
 内部被ばく議論、当初削除 公開後に追加
   2012年11月20日 毎日新聞

 福島県が実施している県民健康管理調査の検討委員会を巡る一連の問題で、県は19日、情報公開請求後に一部の議論を削除して公開した検討委の議事録を修正し改めて請求者に開示した。
内部被ばくの検査で精度が高いとされる尿検査の実施を国側から提案されながら県側が難色を示すやりとりが追加された。
修正前の議事録に全くなく、専門家は「被害を低く評価するため(少しの内部被ばくでも検出する)尿検査をやりたくないとの本音を見せたくなかったからでは」と批判している。【日野行介】

 尿検査を巡るやりとりがあったと修正されたのは、昨年6月18日に開かれた第2回検討委(非公開)の議事録。

 この検討委では同県浪江町と飯舘村、川俣町山木屋地区の住民約2万8000人を対象とする被ばくの先行調査について議論した。修正された議事録によると、ホールボディーカウンター(WBC)と呼ばれる大型機器と尿検査による内部被ばく検査を巡り、オブザーバーとして出席した内閣府幹部らが「尿検査を本流に位置づけるべきだ」と指摘。だが、県側は「尿検査よりWBCとみんなが言っている状況で、尿に舵(かじ)を切れない」などと難色を示していた。

 結局、検討委後の昨年6月末から、県は百数十人のみを対象にWBCと尿検査による内部被ばく検査を行い、健康に影響が出るレベルの放射線量は測定されなかったとした。
その後、県は一部住民を対象にWBCでの内部被ばく検査を続けているが、尿検査については一貫して導入に慎重な姿勢を示している。

 議事録を巡っては第1〜3回の検討委について、県民からの情報公開請求時に実際には作成していなかったのに、職員の手持ちメモに基づき急きょ作成し開示していたことが発覚。
県が先月公表した内部調査では「職員の手持ちメモから一部を除いて作成し開示したという不適切な処理があった」と、議論の一部を削除していたことを明らかにしていた。

 県によると、公開請求時には既に、今回改めて開示したのと同じ内容の「議事メモ」が作成されていたにもかかわらず、部分的に削除して議事録として開示していた。
県健康管理調査室の佐々恵一室長は「元々の議事メモはここ(調査室)にあったが、誰がどういう意図で(情報公開時に)削ったかは分からない」と話している。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-20 08:49 | Children’s Times
デトロイトの右クロス
「がまんすることだよ」
練習後、同じ更衣室で言葉を交わしたり
してから32年ぶりに沖縄で出会った
チャンピオンは、夢を叶えるため
には、がまんしなきゃと強調した。

2ラウンド KO 負けを喫した世界
初挑戦から6年、「これが最後だ」と
臨んだ強豪王者サムエル・セラノへの
挑戦はデトロイトで。

第6ラウンドに放たれた右クロスで
横たわった名チャンピオンは、
カウントテンで立ち上がれなかった。

夢を追う人にだけ、夢は叶う。

62才になった元チャンピオン、
上原康恒さんは、29才だったあの頃と
まったく同じようにあったかい人だった。

ファイティングポーズをとると
虎のように強いのがわかる。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-18 01:46 | Children’s Times
Finding out truth
Only by questioning,
truth can be identified.

Watch
"Twelve Angry Men".
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-15 00:15 | English
堅い昇進
昇進は堅い。
順応主義者で役立たずなら。

日本の「えらい人」を見ればわかる。

---

小心者
昇進者
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-14 23:11
Not comfortable
Get out of comfort zone.
Be uncomfortable
if you want to live like a man.
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-14 23:04 | English