<   2012年 11月 ( 52 )   > この月の画像一覧
数値、データは、いつもウソ
    放射線量低く表示
  11月8日  NHK News

空間の放射線量を測定するため文部科学省が設置しているモニタリングポストのうち、福島ほか、周辺の6県の700台が、実際よりも10%程度低い値を表示していることが分かりました。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-08 07:49 | Children’s Times
どんどんヘンテコ
    米紙 「右傾化する日本」
 2012年11月7日 NewsPost Seven


 米紙「ワシントン・ポスト」(10月28日付)は「衰退する日本はかつての希望に満ちたチャンピオンの座に戻れない」という刺激的な見出しのついた記事を掲載。
このところの日本の経済的閉塞感を象徴させるような記事だが、同紙はさきごろも「日本で右傾化が強まっている」などとして藤崎一郎駐米大使から抗議を受けた。

 同紙は日本衰退論の根拠として、1億2700万人の現在の日本の人口が2100年には4700万人と激減することや、2050年の平均年齢が52歳と高齢人口が圧倒的に多くなることで、2010年に世界第3位に転落した日本経済の衰退スピードが加速するなどとしている。

 また、1979年に大ベストセラー『Japan as No.1』を著わしたエズラ・ボーゲル・ハーバード大学名誉教授の発言として、このような経済的衰退の原因について、毎年首相が変わるような政治的混迷によって、デフレに陥ったことで、若者が未来に希望を持てなくなってしまったと指摘。

 かつては企業の終身雇用制と政府機関のバックアップによって、経済的に繁栄したが、官僚による支援がなくなったいまでは、既存の企業は改革をしたり、スリム化を図ったりしたものの、創造性が豊かな風土を生むことが難しくなったと分析している。
そのうえで、ボーゲル氏は「私が予測し得なかったことは経済の停滞によって、これまでの日本型の経済成長構造が機能しにくくなってしまったことだ」と結論づけている。
 同紙は朝日新聞社の主筆を務めた船橋洋一氏のコメントとして、「日本人はもうナンバーワンになるのを諦めてしまった。中国に敵うわけはないと思うようになり、トライしようとしない。また国際的な舞台で自分を鍛えようとしなくなった。日本人は内向きにあり、国際社会でタフで競争力があるプレーヤーたらんとしなくなったのだ」と解説している。

 このほか、同紙は9月21日付の1面で、沖縄県尖閣諸島問題をめぐる中国との対立を背景にして、日本が「緩やかだが、かなりの右傾化」を始めているとして、周辺地域での行動が「第2次大戦後、最も対決的」になっていると指摘。
これに対して、藤崎大使が「かなり誇張されたものだ」と反論するなど、同紙の“反日的”な見方が際立っており、ネット上でも反発が強まっている。


  ● 読者から ●

大使っていうのは、馬鹿だらけですけど
このアメリカの大使も恥も外聞もないです。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-07 09:23 | Children’s Times
大勢の無能
「確かに能力のない教員が大勢います」
と学校の先生。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-05 09:33 | Children’s Times
World is mad
It's a mad, mad, mad, sad world
when we look at politicians.
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-05 09:30 | English
困ってる人へのお金
 スイスの国際会議に出る5人の旅費に
   復興予算から557万円
     2012年11月5日

「シー・シェパード対策費」など、震災とは一見関係のなさそうな分野に復興予算を霞が関官僚たちが流用してきた事実は次々明らかになっているが、一向に止む気配もない。
 
 内閣府は来年5月にスイス・ジュネーブで開催される国際会議の旅費に、復興予算から557万円を要求した。防災に関する国際協力を話し合う国連国際防災戦略会議に、防災担当大臣(現職は下地幹郎・衆院議員)以下、計5人で出席する予定で、大臣は145万、官僚はビジネスクラスに乗る秘書官が137万円、エコノミーでも65万円の旅費が支給される。
内閣府政策統括官の防災担当はこう説明。
 
「東日本大震災の教訓を海外と共有するという意味や、諸外国が日本経済への出資を促す意味で、被災地に国際会議を招致したいと考えています。外交上、会議に出て、日本の立場を訴えていくのは最低限必要なこと。招致に有利というよりは、出席するのは招致するための活動の中で最低限必要なものになります」
 
 ちなみに招致活動にはこのほか、来年度だけで、米国(ワシントン)に2人で2泊4日82万円、ニュージーランド(クライストチャーチ)に2人で2泊4日71万円など、計6か国訪問の想定で、官僚の外遊予算が要求されている。

●福場ひとみ(ジャーナリスト)と本誌取材班

※週刊ポスト2012年11月16日号


  -----


    宮内庁の予算約170億円 
  天皇家のプライベート予算約3億円
   SAPIO  2012年2月22日号

宮内庁には、170億8158万円の予算がついた。
うち宮内庁費は107億8557万円。残りが宮廷費、内廷費、皇族費となる。
皇室を支える“財布”の中身とは。

【宮廷費】宮内庁が管理する皇室の公的活動費。
宮中晩餐会や園遊会、行幸啓や外国訪問などに使われる。
56億8378万円。

【内廷費】御手元金として支出される天皇家(天皇・皇后、皇太子一家)の日常費用などのプライベート予算。3億2400万円。

【皇族費】同じく御手元金として支出される各宮家の皇族の予算。
平成23年度は当主1人につき3050万円など。
2億8823万円。

*内廷費や皇族費は内廷職員や私的に雇用している職員の人件費。

※宮内庁HPなどを元に作成
※参考:『知られざる皇室』(久能靖著、河出書房新社刊)、
『皇室のすべて』(学研刊)ほか
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-05 09:29 | Children’s Times
自分の町から離れて
「やっぱりいつも住んでる場所から
離れてみないとだめですね。
気がつかないことがわかります。
飛行機に乗って、自分の住んでる
町が小さくなっていくのを見るのは
いいことですね」

と、学校の先生。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-04 20:54 | Children’s Times
子どもの視力
子どもたちにはよく見える。
大人には全然見えないものが。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-04 20:53 | Children’s Times
1回目に通るのと・・
同じ道でも・・・

1回目と2回目ではちがう。
4回目と5回目でもちがう。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-04 20:52 | Children’s Times
行く時と帰る時
子どもたちへ :

同じ道でも・・・

行く時と帰る時ではちがう
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-04 20:50 | Children’s Times
授業と能力
子どもたちへ :

「授業もろくにできない教師がおりますよ。
結構、いっぱいいますよ。
生徒が聴かないんじゃなくて
聴けるような授業をしてないんですよ。
そういう能力がない人間が教師を
しているのが現実です」
と校長先生。

「つまり "生徒の能力" がどうこう言いますけど
教師の能力がないんですよね」とエイジ。

校長「まさにそのとおりです!」
[PR]
by fighter_eiji | 2012-11-04 11:19 | Children’s Times