Ninja Lives On
Two armed yakuza men were surrounded by 8 fully-geared policemen in a small apartment room in Yokohama, Japan on Sep 1, 2007. But these two just ran away uninjured at all and disappeared with guns in their hands into the neighborhood with kindergartens and schools around. Did they hypnotize those 8 soldiers?

A few months ago also in Japan, hundreds of police surrounded one gunman and he killed one police after 2 days of siege. This gunman was uninjured except drunk.

Last week, a female convict ran away by stealing a bicycle because the policeman in charge fell asleep while interrogation was going on. Did the police asked her for some hypnotherapy?

Several months ago, a murderer who killed his English teacher from the UK just ran away when more than a few dozen policemen raided his apartment. He had no weapon and no one knows when he is now. British papers called Japanese police "simply useless".

Yesterday (Sep 5, 2007) in Tokyo, a policeman snatched a wallet from a lady and her female friend caught this snatcher detective.

Back in March 2007 in Yamagata, a policeman went gambling and snatched a bag with over a million yen in it and hid it under snow in the street. He then became in charge of the investigation of the case. He collected 2 million yen from the local residents and kept it himself.

Back in Aug 2007 in Tachikawa, Tokyo, a policeman shot a woman to death whom he had been following everywhere. She was working in a bar and the police was a customer.

There was a policeman who took photos of a lady's legs under the desk when she came for help on the theft.

Ninja still exist in this land.
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-02 15:56 | English
バットマンはいる?
ミステリー劇場・・・

2007年9月1日、横浜。ヘルメットに防弾チョッキで装備した8人の警官は、2人の容疑者のアパートを包囲。
八方塞がりだった2人は幼稚園や学校に近いこの地区で銃を持ったまま逃走。警官はひとり重傷。ひとりの腕が撃たれると他7人全員の足がマヒしたのか?
8人による包囲から逃げ切るとはバットマンかスパイダーマンか?

数ヶ月前には何百人にも包囲されたひとりの男が警官ひとりを射殺した。
この犯人はランボーにちがいない。

先週は女性の万引き犯を取り調べをしていた警官が居眠り。その間に女は自転車を盗んで逃走。彼女は催眠術師?
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-02 15:50
Mamma Mia Giaponese  
「(日本の子どもたちをまともにするには)ママたちをなんとかしないと」と日本に暮らす外国のお母さん達が口をそろえ「レベルが低すぎ」と言う。日本のママにも同じ考えの人が大勢いる。
ママがダメとして、それはパパもダメということになる。
ママもパパもジジもババもアナタもワタシもみんなが自分を正さないと。

外から来た人、あるいは日本を離れた人には日本の良いことも悪いこともよくわかる。逆に言えば、外に出ないと気がつかない。
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-02 00:08
Smokers=自分はご機嫌
c0157558_2222749.jpg東京のほとんどの区や市で路上喫煙禁止が条例となっているよう。
こんな現象をよく見かける:

● 手の平に巧みに隠して歩きたばこ・・つまり悪いと承知で吸っている
● 自転車やバイクでのたばこ・・注意されづらいからだろう。ずるい
● 駅、店舗の入口に設けられた灰皿に集まって吸う・・「そこで吸って」という意味で置かれてるのではない。吸う人がいて「仕方ないから」置いてる。灰皿が撤去されても、そこに来て吸いがらを捨てていく
● 車の窓を開けてのスパスパ・・運転中の携帯電話が違法なようにタバコもそうあるべき
● 携帯灰皿を持ち歩いてモクモク・・人がいやがってるのは煙なのに
● 警官が路上喫煙行為を無視しているのをよく見る。交番に行くとタバコ臭くて呼吸不可能

おそらく全員「いけないマナーである」ことを知っていて吸っている。大した勇気だ。
注意された人は「ここは禁止区域か?」と言う。禁止されてるかどうかが問題ではなく、人に迷惑をかけてるかどうかが問題。

タバコを吸う人について、ある10才の小学生の男の子が簡潔に「自分だけ満足してて、人に迷惑をかけてる」と、字引きにでも載せたい位、適格に言い切った。

「モクモクと、自分は満足、他人は迷惑」
「スパスパスパ、自分はご機嫌、周りは不機嫌」
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-01 23:11
Sushi People Can't Shut Up
Scandinavian countries are heaven to me because it's so quiet in the forest, by the river and even in the cities. Scandinavian people eat lots of fish just like Japanese.

However, streets in Japan are filled with noise such as :

- Shop people shouting for more sale
- Cell phone brokers telling you to change phones
- Recycle collecting trucks with extremely loud speakers
- Teenage girls in restaurants
- Never-ending announcements on trains and in stations
- Cashiers in supermarkets constantly talk like machines
- Canned drink vending machines talking to you
- Drunk businessmen at karaoke bars
- Drunk college students singing loud in the midnight squares
- Sports guys must keep shouting something that doesn't make any sense
- TV commercials are 15 seconds of noise and a silly dance
- TV programs are filled with unnatural laughs

Maybe this is the result of killing too many fish that are very silent.
Fish might have casted a spell on Japanese to be noisy as revenge.

Vikings must have been more friendly to fish.
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-01 22:38 | English
Fool TV
日本のTVコマーシャルは世界の恥。15秒間のバカ踊りの連続。品のない宴会で披露される代物とかわらない。海外の映像業界人はもちろんだが、一般の人も「日本人てこんなにひどいレベルなのか」と声も出ない。作るアホウに見るアホウ。私もそのひとり。

「流すリコウに見るリコウ」にしないと・・
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-08-31 17:43
心の瀬戸大橋
c0157558_225339.jpg
香川県坂出市には瀬戸大橋がかかっている。その橋を渡る電車に乗るために私はプラットフォームに立っていた。5分前には駅の公衆電話からお世話になった丸野さんにお礼の電話をした。その数日前に丸野さんのアレンジによる講演をしたばかり
(2006年2月26日)。
講演で私は「なんでも1秒遅れたら、一生遅れる」と話した。
プラットフォームに電車が入って来たと同時に階段を駆け上がってきたスーツ姿の丸野さんが見えた。もう私の片足は電車に乗っていた。
目の前の売店の山積みになったお土産の一番大きな箱をつかんだ丸野さんが売店のおばさんに何か一言発した後、私の方に振り返り「これ、持って行って!」。その2秒後にフォームに走り出てきた売店のおばさんが「これ、袋!」と専用の紙袋を私に。受け取った箱と袋を自分の方に引き寄せると同時に電車のドアーが閉まった。走る電車。手を振る丸野さんはその年限りで所長の座を引退と聞いている。
きれいな瀬戸内海を渡る車中で私はかけがいのない経験をしたことを知った。まだまだ寒い2月だが、暖まった心は東京駅についてもポカポカしていた。

後にお礼の電話をした時に丸野さんが言った「駅から電話をもらった時、講演で"1秒遅れたら一生遅れる"という言葉を思い出した。事務所を飛び出し、車を出したら神様が味方してくれた。いつも赤信号で止まる交差点がすべて青だった。駅に着いたら、いつも埋まっている正面の駐車スポットが空いていた。入場券を買おうとしたら小銭がない。改札の駅員はたまたま知合いの人。彼が急いでる丸野さんを見て"どうぞ、どうぞ"と合図。階段を駆け上がったらちょうど間に合いました」

人の話をまっすぐに聞いてくれて、まっすぐに実行に移してくれる人に会えた私は本当に幸せ。少年のような透き通った目を持つ丸野さんは引退後も地域のために尽くしている。2007年12月には「こども国連・坂出大会」を手伝ってくださる。
ああいう人に私はなりたい。
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-08-31 17:05
世田谷暴走族
c0157558_2263147.jpg
小田急線・梅ヶ丘はいいところ。おいしいすし屋さんやケーキ屋さんやパン屋さんが並ぶ。
でも駅は無法地帯。自転車で通ってはいけない駅の構内をおばさんもおねえさんも子供も大人もどんどん飛ばして突っ切る。決まりどおりに降りて通行する人は1割程度かな?ある親子は子供と一緒に来て構内でぐるぐると自転車の追っかけっこ。
甲州街道や環七通りに行かなくたって暴走族に会える。
いかにも普通の人が悪いことを平然とできる。これは怖い。その「自分勝手」さがすべての悪の基盤となる。それができる人を木に例えるならその幹は腐っている。そういう木が立ち並ぶ森(=私たちの社会)は悲しい森。歩きタバコも多い。
注意しない駅員も、一般の人も同じ森の木。
「自分中心」はあらゆる悪の種(たね)。それがこれほど多くの普通の人に植え付けられているのを目撃するのは悲しい。せっかくいい街なのに。
「街ありて、人がなし」
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-08-31 16:33
Anne Frank
c0157558_2282692.jpg
I regularly visit Anne Frank's house in Amsterdam.
Have been to other places she used to live as her
family was running away from the Nazis.
Aachen/Aken, a southern city in Germany is a
pretty little town where Anne's mother Edith was
born and they lived a while in this town too right
before crossing the border to Holland.

Before the family went hiding in the last secret
house, they lived in another apartment in
Amsterdam where now nobody pays a visit. I sat
at the stone-made footsteps that leads to her
door on the second floor and looked at the small
park in front. Then I could hear Anne and her
sister Margot's footsteps going up and down,
playing in the park.

She had a dream to be a writer and wanted to
help other people. She made that dream come
true and I'd like to thank her so much for what
she has done and is still doing.
Her diary encouraged Nelson Mandela and his
friends when they were in prison.

I would like to encourage everyone to visit her
house and any other places in the world where
innocent people got killed. Take your friends and
family and that's the best way to grow ourselves
and make a better place to live.

Thank you, Ms Miep for risking your own life and
helping Anne's family while they were hiding and
for keeping Anne's diary. You are the truest human.

To Dear Anne (1929-1945),


Eiji
Aug 26, 2007
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-08-26 11:36 | English