アンネ・フランクと収容所と日本軍
私が [ Significato Journal ] に最近書いた記事
「 アンネ・フランクの家 」 と 「 ユダヤ人強制収容所 」
を読んだ人からメールが来た :

- アンネ : http://worldcommunity.com/pages/s.0027/t.324.html
- 収容所 : http://worldcommunity.com/pages/s.0027/t.325.html

  ●○ 読者から ●○

  [ 概略で掲載 ]

アムステルダムにあるアンネの家に来る人たちも観光気分では
なく来てほしい。 列に加わった時にそういうことを考えてほしい。

ナチスがオランダを支配した頃のことを母親から聞いた。
ナチスドイツが略奪、暴力を尽くしていたことを。

今、私を骨の髄まで恐怖で震わせるのは、
日本の軍隊のトップによる最近の論文です。
私のお父さんはビルマの鉄道工事で奴隷として日本軍に
使われたんだ。
ぺカン・バル (Pakan Baru インドネシア・スマトラ島)
での残虐な強制労働はどうなるんだ?
c0157558_1947643.jpg

今、私はコンゴの子供たちのことが気になって仕方がない。
それに大して何もできていない。
まったく希望をうしなってしまっている。


  - アムステルダム在住のアーティスト -

  ●○ 読者から ●○

これは、パワフルな手紙ですね。
世界中の専制政治を終わらせなくては!

  - アメリカ、思想家、ジャーナリスト -

   ==  参考情報 ==

インドネシアで、日本軍は先の支配者オランダから奪った
邸宅に住み、女性、家来を住まわせ、暴虐を繰り返した。

日本軍は 「 労務者 」 という名で、捕虜や強制して連れて来た
一般民に対し、奴隷以下の扱いを。
c0157558_19475355.jpg

インドネシア側はその被害者が400万人と訴えたが、
日本政府は14万-16万人だと答えた。
その大部分が殺され、生き残ったのは3万人だけ。

日本軍の本当に恥ずべき人間最低・最悪の暴力、
慰安婦もインドネシアでも実施。
どこでも実施。

日本軍の監視役たちの 「 ひまつぶし 」 のひとつは、
捕虜とした人たちを2列に並ばせ、
向き合った人と殴り合わせた。
力いっぱいやらないと、彼らを殺した。
殴り合う二人組が血だらけにならないと、
日本軍は許さなかった。

c0157558_19482557.jpg
[ 労務者・ロームシャ ] という単語はインドネシアの辞書にも
出ており、意味は 「 日本軍による残虐強制労働 」 という意味

1973年、『 ロームシャ 』 という映画が製作されたが、
どこまでも腐り切った日本政府は、もちろん上映を禁じた。
芸術、言論、書物を禁じる人間は、人をだましてるから。
[PR]
by fighter_eiji | 2008-11-05 19:22
<< Rain and sun Anne Frank. Jap... >>