人気ブログランキング | 話題のタグを見る
大きい人
「 ほんとうにあなたのやってることは素晴らしい 」
と、大木社長はいつも激励してくださる。
すごく忙しい人なのに、たっぷり時間を使ってくれて、
ボクサー・エイジがやってることを聞いてくれる。
大きい人_c0157558_059063.jpg


ある知られざるエピソードがある ――

5年ほど前、埼玉県で開かれたゴルフ大会に向かって
いた大木さんの乗っていたハイヤーが交差点に
さしかかったその時、横から来た車が強烈に体当たり。
車はちょうど大木さんが座っていた後部座席にめり込んだ。
大木さんは体と頭を打って、一瞬気を失い、目が覚めても
なんだかボーっとした感じ。
でも 「 ウーン、どうしようか?警察?いや、あれやこれや
調べられて時間もかかるし面倒だ。病院?いや、仲間が
大勢待ってくれているからゴルフに行かなきゃ・・」
意識がボーっとしながらも考えた結果、即断でゴルフに
向かった。
仲間には事故のことはひとことも話さなかった。
即日、ハイヤーの会社の人が謝りに来た時は、
「 なんでもないから、運転手さんを責めないで 」 と。
実は、運転手が一時停止をしなかったから事故になった。
でも、大木さんは彼が責められたらかわいそうだ、と思って
彼をかばってあげた。

その翌日は、アメリカのワシントンDC でも仕事の約束が
あった。
ボーっとした意識のまま13時間のフライトで首都
ワシントンへ。 到着するやいなや、またゴルフに誘われた。
この時、偶然だが、一緒にゴルフに参加したのはエイジの
長年の友達のカーメル (Carmel)。
大木さんをゴルフに招待した人は、カーメルのゴルフ仲間
だったわけでそうなった。
以前、何度かカーメルに会ったことのある大木さんは、
突然、ゴルフコースに出現した彼女に " Hello, Mr. Ohki ! "
と言われて、それはそれは驚いた。
事故の症状が相当重くて、ついに幻覚まで見ていると
思ったかも知れない。
事故ボケに時差ボケ、さらに幻覚症状が重なり、
体も頭もボロボロだが、もちろん大木さんはプレイした。
事故のことは話さずに19ホールを回った。

そんな人はめったにいない。
普通だったら、運転ミスをした運転手を責め、
ハイヤーの会社に文句を言い、病院の検査代から
何から何まで請求し ・・・。
交通事故に遭った翌日にアメリカへ飛ぶ?

何があろうと、人を優先し、
どこであろうと、人を尊重し、
だれであろうと、対等に接する。

だから、大木 (おおき) さんは大木 (たいぼく)。
大きい人_c0157558_0584661.jpg


  ○● 読者より ○●

ストレートトークの大木社長の記事を読みました。
最後に書いてあったとおり、普通の人なら色々請求するところを
待たせている友達や、ハイヤーの運転手さんを優先する
大木社長に感動しました。
社長という偉い立場にも関わらず、自分より人を優先する
ところは一般人の僕も見習わなくてはいけないと思いました。
久しぶりに温かい気持ちになりました。
ありがとうございます。

   - 大学生 -

  ○● 読者より ○●

吉川さんのおっしゃっている通り、
大木さんは、本当に相手のことを考える方だと思います。
社員を使うだけの社長とはまったくちがい
スタッフのことを大切にしてくださいます。
ありがたいことです。
by fighter_eiji | 2009-01-09 01:00
<< 発展 いいミルク >>