人気ブログランキング | 話題のタグを見る
先生と生徒と学校と
  ○● 講演に来られた人から ●○

    「 生徒に無関心な先生たち 」


中学校で吉川さんの講演会があると聞き、
非常に楽しみにお伺いしました。

吉川さんのパフォーマンスが始まり、
ほとんどの生徒がお話に引き込まれていく中、
奇妙な音が体育館に響き始めました。

最初はビデオのノイズかと思っておりましたが、
やがてそれは一部の生徒によるマイクの
イタズラだと分かりました。

すぐに先生が止めに入るものと思っていましたが、
いっこうにやめさせようとする気配がありません。
軽く注意を促すだけで、それ以上のことは何も・・・。

吉川さんが学校のために一生懸命に講演をしているにも
関わらずマイクで音を立てて邪魔をする生徒たち、
勝手に立ち上がってウロウロしたり寝転がる生徒たち。

ショックでした。

生徒の行動にショックを受けたのではありません。

注意すらできない先生ばかりだったということがショックでした。

よっぽど私が注意をしに行こうかと思いましたが、
「 これだけ生徒が好き勝手をしているのに先生が
誰も動かないということは、事前に吉川さんが演出?
のために先生にお願いしているのかも知れない 」 と思い、
苛立ちを抑えつつ様子を見守っていました。

しかし、後で演出でも何でも無かったことが判明。

先生方はあの講演会を通して何を感じましたか?

プロジェクターやカーテン、音響、照明の操作を、
先生方全員でフォローしていましたか?

「 自分は担当じゃない 」 と、ずっと椅子に座ったままでは
ありませんでしたか?
( 一般企業では考えられない状態でした。
 先生全員、社会人失格です。
 吉川さんに対して失礼にもほどがあります。
 役割分担があろうと無かろうと、
 すぐにフォローにまわるべきです)

生徒がマイクをいじって遊び始めたとき、
すぐにマイクを取り上げに行きましたか?
せめて、マイクの電源をオフにするとか、
ボリュームを下げようとは思いませんでしたか?

いや、思うだけではいけません、行動に移しましたか?

あの状況を、学校の生徒・先生以外の人たちに見せて
(見られて)恥ずかしいとは思いませんでしたか?
(報道のカメラもいたのに・・・)

先生方の学校での仕事ぶりに対する
今のお給料の金額は正当なものでしょうか?

体力の無い中小企業であれば、皆さん、解雇ですよ。
職務を全うしていないんですから
( 全うする気さえ無いことが問題 )。


ここの先生は 「 先生 」 という自分の職業に対する
プライドはありますか?

何事もなく定年を迎えるために目の前で起きている
出来事に目と耳をふさいでいるのでしょうか?
( 年金や退職金、誰だって全額欲しいですもんね )

とりあえずどんなカタチであれ、
生徒を卒業さえさせればOKなんですか?

生徒をモノに例えるとお叱りを受けるかも知れませんが、
どこの企業も自社の製品に 「 心 」 を込めています。
少しでも欠陥があれば必ずその原因を見つけ出して、
同じことが起きないように細心の注意を払います。
そして、業界のトップを目指し切磋琢磨して
製品作りに取り組んでいます。

ここの先生の様子を見る限り、
一部の頑張っていらっしゃるであろう先生を除いて、
ほとんどの先生には 「 心 」 がありません。

心 ( 生徒への関心や愛情 ) があれば、
あのような状態になるハズがありません。


夕方のニュースでは講演会の楽しそうなところしか
見せていませんでしたね。
あのニュースを見たら、「 ここは良い学校だな 」 と映るでしょう。

報道すべきは、講演会での一部の生徒の悪態と
先生の不甲斐なさです。
私も 「 現場 」 に行くことが無ければ何も知りませんでした。

吉川さんの講演に真剣に耳を傾けていた生徒が気の毒です。

彼らの貴重な時間を、注意すらできないおバカな先生が
奪っているのです。
給料泥棒と非難されても反論できないしょう?

でも、一番可哀想なのは騒いでいた生徒でしょうね。

親にも先生にも叱られず、
善悪の分別ができないまま大人になっていくのです。

彼らは今のままだと確実に将来は生活ができなくなります。
彼らを受け入れるほど社会は甘くありません。

いずれにしても、今のこの中学校の状態は
尋常ではありません。

生徒が騒ごうが立ってウロウロしようが、無関心。

私の息子だったら間違いなく思い切り殴ったうえで、
吉川さんと真面目に話を聞いている生徒さんたちに対し、
息子と一緒に土下座して謝罪します。
暴力がいけないことは分かっていますが、
それほどその生徒たちが失礼な態度をとっていた
ということです。

先生の責任は重大です。

教育者であれば、
正しいことと間違っていること 「 正しく 」 教えるべきです。

もちろん、彼らの親も同罪です。
将来、事件を起こしてしまうような人間にならないよう
今からでも軌道修正に取り組むべきです。

せめてもの救いは、大半の生徒が目を輝かせながら
吉川さんの話を聞き取ろうとしていたことです。
彼らの人生にとって、吉川さんのお話は必ず役に立ちます。
中学生である今は気付かないことでも、
大人になってふと思い出し、
その意味を理解するときが来るのです。

以上、厳しいことばかりを書きましたが、
生徒たちの未来のために、
先生方のご健闘をお祈りいたします。
by fighter_eiji | 2009-05-14 22:44
<< 一握りの先生 You. You. You. >>