人気ブログランキング |
ウソ、クソ、カス
子供たちへ :

ボケナスがウソを重ねて、オタンコナスになる。

     - 中国新聞 (Aug 21, 2010) -

  直前の無線「なし」と訂正 海保ヘリ墜落で6管

---------------

 海上保安庁広島航空基地所属のヘリコプター「あきづる」が墜落した事故で、6管は20日、あきづるの最後の無線連絡が事故直前の「現在、佐柳島上空」としていた説明について、事実はなかったと訂正した。

 6管は、墜落事故が司法修習生の体験航海に合わせたデモンストレーション飛行の合間に起きた事実を、発生から丸1日後に公表するなど、情報管理の不手際が相次いでいる。6管はこれまで、あきづると付近にいた水島海上保安部の巡視艇「みずなみ」との通信記録について、事故直前の「18日午後3時10分ごろ」としていた。

 しかし、20日になって記録が存在せず、巡視艇との午後3時3分の無線連絡が最後だったと訂正した。6管の中村清次長は「巡視艇で広島航空基地から別の無線を受けた乗組員の勘違い」と釈明した。

 また、あきづるが当初、事故当日の18日にレスキュー訓練を計画していたことも判明。水島海上保安部からデモ飛行の依頼を受け、1週間前に飛行計画を変更したという。

 デモ飛行は計2回予定され、あきづるは現場から北東約17キロの六口島付近の海域で1回目を披露。その後、高見島(多度津町)周辺でのパトロールに当たり、2回目のデモ飛行の前に配電線に接触して墜落したとみられている。

 6管は
「デモ飛行は業務の一環で、飛行計画に問題はなかった」
としている。
by fighter_eiji | 2010-08-21 00:36 | Children’s Times
<< ショッピングカート アルプス警官 >>