日野原重明さんの食事
子供たちへ :

   ● 読者から ●

英治さんへ

試合近いんですね!

最近、日野原重明さんの
「今日の「いのち」のつかい方」っていう本を読みました。

あの先生も、一日の食事の量がものすごく少ないんですって。
でもめっちゃ元気。
私は食べすぎだなぁって反省しました。
食べすぎは自分にも世界のひとたちとっても
良くないことだろうなぁって。
その本では「ペイフォワード」っていう映画を紹介していました。
人から受けた親切を他の3人に返して
あげようっていう事を考えた少年のお話です。

英治さんからもらった勇気や行動を、他の人たちに向けて
いけるようにして、日々生きていこうって思いました★
[PR]
by fighter_eiji | 2011-02-26 08:55 | Children’s Times
<< 心の締まり No failure >>