Women watched as toys
子供たちへ :

From today, 21 TV screens in Osaka
Station started showing the photos
of 20 "pretty women" to promote
the shops in the station's complex.
They are all employees of the shops.

In the country where women being toys
is a "normal thing", it's shown as a
"good news". No women seem to care.

No TV/papers reporters think that
something is wrong.
Although media are supposed to
straighten up the society, they help
the society get worse and worse.

Very well-washed brains
if there are still brains left.

特別に賢い国じゃなくても、こんなことしたら
大社会問題で、やった人は逮捕されるだろう。
女性を商品とするのが当たり前の日本では
みんな喜んでる。
なんと女性も。

常識があり、公平であるべき記者達も
なんとも思ってないところがすごい。
報道そのものがメチャクチャな国。
メディアは社会を良くするためにあるが
その逆の働きがすごい。

洗脳がよーく行き届いてる。

  ===

 <美人時計>見とれて時間忘れる?
     JR 大阪駅に登場
  2011年10月10日   毎日新聞
c0157558_19245016.jpg
  大阪駅の商業施設に勤める女性たちが登場する
  「美人時計」=JR大阪駅で、亀田早苗撮影

 画面上の女性が手にしたボードで時を告げる「美人時計」が10日から、JR大阪駅御堂筋口の柱21面に設置した広告用デジタル画面で配信される。

 商業施設「JR大阪三越伊勢丹」「ルクア」「アルビ」の店員が4人ずつ、週替わりで計20人出演し、各店舗をPR。

 出演者の喜多奈保子さん(31)は「店に行こうと思われる笑顔を心がけた」。見とれて時間を忘れるかも。【亀田早苗】

  ● From a Reader / 読者から ●

Yes, it's very Japanese.
It's a shame no women cares.

確かにとても日本特有です。
女性達も気にしないのが残念。

  - 日本に住んだことのある人 -
[PR]
by fighter_eiji | 2011-10-10 19:31 | English
<< Hockey idiots City's oath >>