新宿警察の人殺し
 大学職員自殺の"容疑"は新宿署の捏造!? 
  なぜ警察は証拠VTRを提出しないのか
   2011年11月9日  Excite News

青年がJR新宿駅で大学生らに痴漢の容疑をかけられ、
激しい暴行を受けた後、警察からの違法な取調べなどが
原因で自らの命を絶った2009年12月の
「新宿署違法捜査憤死事件」。
新宿警察署によるずさんな捜査や、JR東日本の
不適切な対応があったことが明らかに。

青年の母・原田尚美さんの求めに応じて開示された
警察の取り調べ調書によれば、痴漢の「被害者」を
名乗っていた女子大生が青年を犯人と「見間違えた」
と証言していることも判明。
新宿警察が、証言もないまま痴漢事件を
組織的に捏造し、でっちあげの書類送検をした。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-11-09 22:27 | Children’s Times
<< Raising children 子育て・・ >>