横田の試合の日の朝
 ● 「KOされない男たち」 を読んだ人から ●

本読み終わりました。所々読んで、それから
初めから一気に読むのが私の読み方です。

感想・・・ 私はなぜか吉川さんの
30代の頃を知っています。
初めてお会いした時はあまり覚えていませんが、
会社に吉川さんが来て、ボクシングの話しを
しているのを私は自分の机から聞いていて、
この方ボクシングをやっているんだ・・・って思って。
顔はとても優しそうな感じなのにボクシングを
してるなんて思わなかったのです。

横田さんの試合の時、薄暗く氷のように
張りつめている社内が、朝から社長の大きな
声でおはよ~。今日は横田さんの試合だ!っと
朝からその声で目が覚めて、仕事にならない状態。
社員のみんなも勝ってほしい。
楽しみだと。みんなで話していました。
夕方、試合を見に行くため、社長はバタバタと
し始め社員に仕事を全部押し付け、
では、試合に行ってくるよ~っと。
まるで自分が試合に出るかのように、
湯気をだしながら会場に向かいました。
社員の方は今日の社長は気合はいっているね。
顔の血色もいいし・・・などと話していました。
吉川さんは、横田さんがチャンピオンに
なるまで結婚しないと言ってましたね。
あのころがなつかしいです。

さて、感想はうまく言えませんが、吉川さんの
英語の力で世界中の人と友達になれたこと。
ボクシングで、凄くきつくても練習生の方が
吉川さんについてきたこと。
吉川さんも、大川会長様も厳しく辛く当っても
心の中に優しさと、愛情がたくさん詰まっているから
練習生の方もついてきてくれたのだと思いました。

夢を持てばなんでもできる。
たとえ負けても失敗しても悔いは残らないと思います。

わたしが一番読んでいて心打たれたことは、
悩んで、悩んでそのままにすると病気が溜まる。
行動あるのみ。っていうところは、
今の私にとても力をくれました。

吉川さんはとにかく優しい。
優しすぎるから泣けてきちゃう。
話し方も優しくてそれだけで、泣けてしまう。 
世界中みんな仲間。

人にやさしく、人の気持ちを分かってあげられる
人間にならないと・・・  この本とても面白かった。
サイン貰っておけばよかったな。

ありがとうございました。 
[PR]
by fighter_eiji | 2011-11-22 15:22 | Children’s Times
<< アートネーチャーの社員 大恐竜展 >>