アマゾンの書評
  ● 読者から ●

エイジさん、アマゾンにもう書評が載っていましたね。
ご覧になっているかも知れませんが念のために
メールします

(以下、書評)

ひょんなことからこの作品を読む
チャンスを得たので感想を書きたい。

大川ジムというボクシングジムでトレーナーを
してきた著者の目線から描くボクサー達の
熱い戦いのストーリー。

読んでいる内にどんどん引き込まれてしまう
その内容は、著者のボクサー達を見つめる暖かい
眼差しとボクシングという競技への限りない愛情と
尊敬の念が反映されているように思えた。 

ボクシングを通して描かれた人間模様だが、
そのテーマは誰もが共感できるユニバーサルな
内容となっているため、ボクシングの知識のない
自分でも簡単にストーリーに入り込む事ができた。
(さらに著者の解説が絶妙!)

人間が人生と言うものに対峙した時にありと
あらゆる選択肢がある中で、なぜ特定の選択を
するのかということが書かれている気がした。

数々のチャンピョンを育てる為に外国行きの
飛行機のチケットを何度もゴミ箱に捨てた
エピソードはその際たるものであるようでならない。

昨今の日本のメディアで扱われるボクシングという
競技の印象がいかに安っぽいものなのかを実感させられた。

偶然この本に出合えた事を心から感謝したい。

(もちろん、 日本のボクシングの歴史に
詳しい人にとっては、更に読み応えのある
内容であることは間違いない)
by fighter_eiji | 2011-11-24 22:46 | Children’s Times
<< 過渡期と本と明日 六甲と足つりと坂と雨 >>