ふたりでアメリカ横断
子供たちへ :

  ● 読者から ●

今日の四国新聞に載ってたイラストに心がときめいて!
c0157558_924093.jpg
書かれた方は、西谷卓児さん、
文章は、アメリカ在住の菊地京子さん。
 
---

【おしゃべり地球カフェ】日本にいる息子さんが、
鬱と診断され・本人がアメリカに行きたい!と言い出し
カルフォルニアからニューヨークまで車で横断!
二人で得難い経験をしました。
アメリカの人々は 家族をとても大切にして
大学生になっても家族旅行を楽しみます。
ボランティアをしたり、隣人とパーティをしたり、
つながりはあるものでなく、
努力してつくるものだということを学びます。

今の日本は家族が力をあわせて困難を乗り越える
ことが少なくなり、同じ家に住みながらばらばらで
孤立し、地域とのつながりも軽薄になっています。

 ---
 
本当にその通りだと思います。
自分の家族からでも これは大変って思って
改めていきたいです!
[PR]
by fighter_eiji | 2011-12-04 09:24 | Children’s Times
<< 甘い制度の悪利用 子供に苦労させまい >>