バスケット部の監督
子供たちへ :

「お前には死んでもらいたいんだよ!」
と言われたのは、中学のバスケット部のカナちゃん。

それを何度も言われて、つらくてつらくて
親に打ち明けた。
親が校長に話した。

「お前、このやろ、校長に告げ口したな!」
とバスケットの監督で2年生の受け持ちは、
またカナちゃんに。

「友達のいじめなんかなんともない。
先生のいじめがひどすぎる」
とカナちゃん。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-12-14 22:21 | Children’s Times
<< 面と向かって 原発事故後、1ヶ月で - 杉並... >>