人殺し警察
子供たちへ :

警察は殺人の共犯者。
無実の人が死ぬまで待つ。
警官は全員、柔道、剣道をやってるけど
それと人間性は別。
アホウのかたまり。

   ----

    被害届提出「1週間待ってほしい」
    10日後にストーカー殺人の無念
    2011年12月28日 J Cast News

被害を警察に相談していたのに、2人が殺害された。
「『黙って殺されろ』と(警察から)言われたのと同じ」。
長崎県西海市で起きたストーカー殺人事件の
遺族は、警察への不信を訴えている。

相談を受けた警察の怠慢な対応が問題視され、
ストーカー規制法ができるきっかけとなった
桶川ストーカー事件(埼玉県、1999年)などへの
反省から、警察は「変わった」はずではなかったのか。

妻と母を亡くした山下誠さん(58)は12月27日、
文書を報道陣に寄せた。

3女(23)がストーカー被害にあっており、
この「ストーカー」、無職筒井郷太(27)が
2人を殺害し逮捕された。

千葉県警から被害届を出すのを「1週間待ってほしい」
「警察からは(容疑者に)『手を出すな』と言われたが、
『黙って殺されろ』と言われたのと同じ」と訴えている。

「全国犯罪被害者の会」の松村恒夫・代表幹事代行は、
「山下さんの文書や報道が事実だとすれば」と次のように。

「理由も明かさずに『被害届を1週間待ってほしい』と警察が
言ったのだとすればおかしいし、信じられない。
桶川事件などを受け、警察の対応はもっと被害者に
寄り添う方向に向かっていたと思っていたが、
今回の報道を知り、びっくりしている。残念だ」

山下さんは、「こういうことになるのであれば、
私が殺しておけばよかった」とも綴っている。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-12-28 22:18 | Children’s Times
<< 共犯者列島 勲章もらう >>