自分用のワイン
子供たちへ :

「昔は、このワイン畑のワインが売れたんだけど
もう誰も買わなくなった。
自分ちの分を作るだけになったの」

・・ と、モルドバ共和国のタ―シャおばさん。

「そして、みんな自分で飲んで、体を壊しているの。
未来はないわね」
[PR]
by fighter_eiji | 2011-12-30 14:54 | Children’s Times
<< マリンライナーのゴミ マーシャの誓い >>