まずくて、変えたい国
子供たちへ :

少しは正常な大人たちなら
「この国は、これじゃまずい」 と言ってる。
でも誰も何もしない。

もうちょいマシな人は
「だから、これを始めよう」 と何かをする。
この人たちは、少しは社会を変えてる。

この貴重な人たちも、自分の子供たちは
日本の学校に送ってる。
同じ悪を繰り返すロボットを生産する工場
になってる日本の学校へ。

これは、消火に来た消防士が放水しながら
もう一方のホースでガソリンを注いでる
ようなもの。
火が消えるどころか、大きくなる。

社会を変えるには学校(=教育)を変える
しか道はない。
行ってる学校を変えるんじゃない。
そこに働く人を取っ替える。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-01-11 20:15 | Children’s Times
<< 団体独裁国家の理由 福知山線事故と市民 >>