機関車の SL
子供たちへ :

「SL って本当の英語は、なんていうんだろ?」
と中央大学・法学部の24歳の3年生。

「Steam Locomotive です」
と18才のエイジ。
1979年のこと。
学生アパートに6-7人が集まってる。

「それはちがうよ」
と20才を超えてる2-3人。
他の3人くらいは、皆目見当がつかなさそう。

「Locomotive なんてのはちがうよ。
それは形容詞だろう。形容詞が名詞に
なるわけないだろ」
と、23才の法学部がもっともらしく解説。

「それは形容詞じゃないし、どうしたって
Steam Locomotive ですよ」
とエイジ。

でも、結局誰も信じなかった。
それが日本の大学生の英語レベル。

海外では保育園児が知ってる。

  ==

「事実」 よりも 「へ理屈」 を通すのが
日本人。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-02-17 19:28 | Children’s Times
<< 早く出国 スタンフォードでのスティーブ >>