島がなくなる
子供たちへ :

小さな島に暮らしてたとしよう。
家が全部で5軒だけ建ってる。

これから大波が来て、
島そのものが海に流されそう。
そんな時に、200円入ってる自分の財布が
流されないかと、石の重りをつけたり
木に紐で縛り付けたりするバカはいない。
どんなバカでもそこまでバカじゃない。

多くの日本人は、今、原発が止まってるから
原発に寄生している自分の工場や給料が
止まるんじゃないかと気が気でなくて
原発の再開を望んでいる。

島が流れても、自分の財布を守るのに
必死なのが日本人。

テレビや政治家や社会を見れば
アホウなのは、わかってたけど
想像をはるかに超える。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-02-17 22:16 | Children’s Times
<< 自慢話 Waiting for bre... >>