キチガイと電気コード
     <津市立三重短大>
教授が電源コードで女生徒の首絞める…講義中
    2012年3月4日 毎日新聞

津市市立三重短大の男性准教授(46)が
昨年12月、講義中に1年生の女子学生(21)の
首をパソコンの電源コードで絞めた。
准教授は「知的障害者の加害行為から身を
守るための指導」などと主張するが、学生は
「加害行為などの説明はなく、突然だった」と否定。

昨年12月、社会福祉士を目指す学生9人が講義中、
障害者施設で披露する手品の練習をしていたところ、
准教授は立っていた学生に後ろから近づき、
コードを首に1周させ、巻き付けた。
学生は後ろ側にのけ反り、コードが首に
食い込むほどの力で絞められた。

学生は、精神的ショックで、マフラーなどを
首に巻けなくなったという。【谷口拓未】
[PR]
by fighter_eiji | 2012-03-04 12:39 | Children’s Times
<< 財務省のひったくり 右手と左の脳と >>