20万人で反原発
子供たちへ :

警察はウソつきのかたまり。
20万人集まっても「1万人」と発表。
数が数えられないアホウどものかたまりでもある。

人を守るための警察が、クソ政府を守る。

    脱原発の灯 国会包囲
  2012年7月30日 東京新聞


原発事故を受けた抗議行動「脱原発 国会大包囲」が二十九日夜、東京・永田町で。
ろうそくやペンライトを手に「原発反対」「子どもを守れ」などと訴えた。 

 首相官邸前での抗議を呼び掛けてきたネットワーク「首都圏反原発連合」の主催。参加者は、東電本店前やJR新橋駅周辺をデモ行進した後、移動。
人波は国会議事堂を取り囲み、集会のあった正門前は一時、歩道からあふれ道路を埋め尽くした。

参加人数は二十万人。
警視庁関係者は一万二千五百人程度と。

日比谷公園で行われた集会では、作家の落合恵子さんが「この猛暑でも電力は不足していない。原発をゼロにし、再稼働も輸出も止めましょう」と呼び掛けた。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-07-31 23:06 | Children’s Times
<< 京大教授の家族旅行 公園が好きな変態 >>