悪魔だらけの省庁
    脱原発検討しないよう圧力
    原子力委に、エネ庁課長を処分
     2012年8月3日 共同通信

経済産業省資源エネルギー庁の原子力政策課長が、核燃料サイクルの見直しを検討していた原子力委員会に対し「脱原発シナリオの分析を行うことは、慎重派を勇気づける材料になる」との文書を送り、脱原発の検討をやめるよう圧力をかけていた。
枝野経産相は、「政府が原発維持を画策しようとしていると国民に受け止められかねない」と指摘。
経産省は課長を厳重注意処分。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-08-03 21:49 | Children’s Times
<< 嫌いな高校野球 ボクサー・サブロー >>