自分だけ守る政府
     本当は危ない首都圏 
    イオンが脱出、皇室にも勧告
   2012年8月5日 Excite News

7月末に相次いだ脱出の動き
イオングループが千葉にある本社機能を愛知県小牧市に。
また京都府知事などが官房長官を訪ね、一部皇室を京都に移転するよう要望書を手渡した。

岡田副首相一家がオーナーのイオンが脱出
イオングループは民主党の岡田克也副総理と関係が深い。
同グループの代表、岡田元也氏は克也氏の実兄。
創業者の岡田卓也氏は実父である。

そのイオングループが本社機能を代替えする施設を愛知県小牧市に設置。

首都圏直下型地震に備えてのことだというが、政府中枢と縁の深い企業だけに、独自の危険情報を得たのでは、との憶測を呼んでいる。

本当はセシウム? 皇室にも脱出を勧告
前々日の26日には京都府の山田啓二知事が藤村官房長官のもとを訪れ、皇族が京都に居を移すよう求める要望書をた。

こちらも表向きの理由は首都圏直下型地震対策とされているが、時期的にイオンの報道と重なるだけに、不安視する声も聞かれる。

地震以上に疑われているのが、放射性物質による汚染である。
食品を扱うイオン、男系遺伝子により継承される皇室ともに、放射性物質による汚染には、神経質。

事故直後、「ただちに影響はない」と唱えながら、自らは「フルアーマー」と揶揄される完全装備で被災地を訪れた枝野経産相。
福島入りする際、ヘリの飛行ルートすら神経質に気にした菅前首相。

政府noのの行動を観察することで、ある程度「本当の危険性」が読み取れる。
[PR]
by fighter_eiji | 2012-08-05 11:41 | Children’s Times
<< Living in a sma... 子供のニューアイデア >>