人気ブログランキング | 話題のタグを見る
500円の誇り
発展してないから退化した顔だらけ。

夢がないから興味があるのは
- 酔っぱらう
- 食べまくる
- 芸者と遊ぶ

頭が悪いから、段取り最悪。

でも自分では頭がいいと思ってるから
話が長い長い。

世間知らずだから、
どうしようもなくつまらない。

… 「寅さん」に出てくる公務員たち。
芸者、飲み食いはもちろん公費。
自分では一銭も出さない。

その醜悪さは、例えば
「男はつらいよ 夕焼け小焼け」
なんかにも出てくる。

それほどハッキリと批判してるのに
当の本人達は、それが当然だと
思ってるから、なんら感じない。

山田洋次監督は「公費に群がるヤーナ奴ら」
を描くのが上手。
同時に、働いても働いても寅さんの
財布には、いつも500円以上入ってない。
でも寅さんはヒーロー。
by fighter_eiji | 2013-10-04 23:24
<< 書き溜めとお礼 セルジオの悪人 >>