人気ブログランキング | 話題のタグを見る
こどものため
こどものため_c0157558_0411045.jpg
木が滑らか。
動きが滑らか。
つやがきれい。
雑音がない。
木が暖かい。
動きが美しい。
これらがすべて子供にとっての感覚で作られている。

さすがはスウェーデン。子供が優先されてるからいいおもちゃ。
こどもを優先するということはつまりは人が優先されている。

** 金儲けが優先された国ではいやなおもちゃがたくさん。


●○● 読者のコメント ○●○

全く同感 私は子供に携帯ゲームと ピストルのおもちゃを買い与える親が 信じられないのですが、そもそも作り手の志とか良心が ないのかと思うと 腹が立ちます。最近 本屋に並びまくっている携帯小説にもおんなじ いやらしさを感じます  企業の良心を 会社の正義を唱えたら 首になるような セコい社会なんでしょうか? 腹が立ちます (教師、母親)


●○● 読者のコメント ○●○

以前、皇室の愛子ちゃん(同じ人間だからあえて友達感覚で)が1歳ぐらいのときに
TVで映像が流れた時に、カタカタ手押し車を押しながら歩いてた。
その玩具は、ドイツ製(だったと思う)
おじいさんが片田舎で一人でコツコツ作り続けている。
赤字がかさみ、地元の銀行も融資を渋り跡取りも無くやめようかどうしようか迷っていた時に、
日本で話題になった「愛子様が使ってる。」だから欲しい。
おかげで、おじいさんの工房は予約でいっぱい。
政府も援助を始める。

コレを見て
愛子ちゃんが使ってるから欲しいのか?
本当に、木の玩具の良さが解って欲しいのか?
って、思う。

おかしい、日本人。
by fighter_eiji | 2007-10-30 23:06
<< 絵を守れ! 静かなる行進 >>