人情と根性、杉原ちうね
c0157558_16532472.jpg
岐阜県の八百津町に「人道の丘公園」がある。

人類の誇るべき人「杉原千畝(スギハラチウネ)」を記念した公園です。
リトアニア領事館の外交官であった彼は、6000人のユダヤ人にビザを発給し、強制収容所行きから救ったのです。日本政府は「ビザを出すな」と言いましたが、杉原さんは人間として、正しいことをしました、自分の命もかけて。

つい最近の1986年まで、こんな正しい人間が生きていたんですよ。
役人にもこんないい人がいたんです。
役人でもなんでも「人情と根性」が同居しないと役に立ちません。

** 救われた6000人のひとりが28年後に、外務省に杉原さんを訪ねますが、名前の発音がちがったため、外務省は「そんな人いない」と言ったそうですが、ほんとに役所らしい対応。調べる気もない。生命保険の勧誘とはわけがちがう、大切な訪問なのに。

** 写真は杉原さん(前列右)と領事館のスタッフ。全員がビザ発給に協力したという。トップがいいと良くなる。

** 海外の友人達から「日本領事館のビザ担当によるいじめがひどい」「ビザを出さない努力を一生懸命」「白人にはホイホイ出す」と相変わらずの情報。トップも下も悪いから。
ただ、それは我々全員が悪いということになる。領事館の人間もこのあいだまでは可愛い赤ちゃん。それを親や社会が狂わせた。

Remember Mr Sugihara / 杉原さんを忘れるな!
[PR]
by fighter_eiji | 2007-09-27 00:56
<< John Frankenheimer 「民衆の使用人」代表、サルコジ... >>