人気ブログランキング | 話題のタグを見る
原稿読むだけ
2008年1月26日、世界経済フォーラム (スイス、ダボス) で、福田首相が特別講演した内容をもう一度見てみると ・・

▼ ・・・に取り組む
▼ ・・・を掲げる
▼ ・・・を提案
▼ ・・・を構築
▼ ・・・を要請

すべて、まったく具体性なきしゃべり方。
どれも、日本の会議特有の、「実際は何もしない」 発言。
こんなのが、世界に通用するわけがない。
通訳もこれは、困ったはず。
それを言えるのは、世界を知らない証拠。
世界を知らずに、国のリーダー?

どれも、実施しなくても、一切責任をとらなくていい風にしている。
どうせ、何もしないから。
小学校の「帰りの会」でも、もっと具体的に物事を決定している。

会議を見ていた、友人のジャーナリストが言った 「福田は英語が分からなすぎる。 一国のトップとして疑問。 日本語の講演も、具体性も情熱も感じられず、言葉は、原稿を読むだけで、インパクトが全然ない。 また、役人的な総理が日本から来た、という印象を参加者は持っただろう」
by fighter_eiji | 2008-02-06 17:21
<< 教授と新聞 葉っぱを集める >>