Not napalm. Nuclear. - Nixon
(CBS News) America is finding out more about
Richard Nixon, as a result of another 500 hours of
tapes of Nixon administration conversations,
released Thursday by the National Archives.

In one exchange, he talks about the possibility of
using a nuclear bomb in Vietnam; in another, he
doubts authenticity of the famous photograph of
a young girl running naked down a street, fleeing
a napalm attack in South Vietnam.

In one startling tape, then-National Security Adviser
Henry Kissinger lays out a series of options for
escalating the war in Vietnam, and Nixon responds:
"I'd rather use the nuclear bomb."

That idea was quickly dismissed by Kissinger, and
Nixon responds: "I just want you to think big."

The following month, Nixon ordered the biggest
escalation of the war since 1968.

At another point, Nixon chides Kissinger for being
too concerned about civilian casualties.

"I don't give a damn," Nixon says. "I don't care."
c0157558_1537636.jpg
Photo : Nick Ut

この写真が世界で報道された1972年、アメリカの大統領
リチャード・ニクソン は 「 写真はニセモノ 」 だと、言った。
また、こうも話している :

「 ナパーム爆弾よりも、オレだったら、核爆弾を使うよ 」 と、
ニクソン。
キッシンジャー国務長官 「 それじゃ、市民の犠牲者が 」
「 市民が死のうが、知ったことか。 オレはそんなこと、
全然気にしない 」 とニクソン。

その後1981年に大統領になったロナルド・レーガンは
「 ベトナムを焼き払って、駐車場にすればいい 」 と言った。

* 第二次大戦中に日本軍が開発していた核爆弾の標的は
「 アメリカ本土の各地 」 だった。
「 早く作るように 」 と、皇室から、開発チームへの訪問も
あった。
そのトップにいた科学者、鈴木辰三郎中尉は、広島の
惨状を見て 「 仮に完成しても、これは使ってはいけない 」
と思った。

「 日本が原爆を作っていた 」 ことは、海外の人は知って
いるが、日本人には知らされていない。
都合の良くないことは日本では葬られる。

アメリカでもゴア元副大統領が 『 不都合な真実 』 という
映画を作って、ノーベル平和賞をもらった。

真実を知るには、外に行かないと。

  ●○ 読者よりコメント ●○
 
衝撃な事が、世界中でおきている。
知らない事、知らされないことが問題。
[PR]
by fighter_eiji | 2008-05-03 15:41 | English
<< Nick と Kim Phuc Politicians and... >>