人気ブログランキング | 話題のタグを見る
天災と人災
四川の大地震は本当に悲惨。

あまり報道されないが、黄河や揚子江は毎年のように決壊、
洪水し、多くの人の命を奪う。
数万人の人達が亡くなったことも多い。
その洪水で犠牲者が一番多いのが、1938年の黄河決壊。
犠牲者の数は、なんと50万人から90万人。
日本の地方都市の3つ分くらい。

ただし、その記録的災害は自然災害ではなかった。
蒋介石の命令により、わざと黄河を決壊させた結果。
無茶苦茶な話だ。

ではなぜそんなことをわざと?

答えは、日本軍の侵攻を止めるため。

日本には 「 いや、わしらのせいじゃない 」 と言う人がいる。
じゃあ、日本軍は人の国の奥地で鉄砲を持って何をしてた?

これほどの大事件がどうして教科書に出ない?
知られたくないから。
by fighter_eiji | 2008-05-26 22:56
<< 部活動と罰 Alone in the ring >>