柔道一家
c0157558_7382338.jpg応援の人達でごった返す柔道場。
通路の階段も人がビッシリと座っている。

その中に、
12才くらいの姉弟が、階段の中腹で並んで立っている。
ふたりは身長は低いけど、体重は80キロくらいで、
ふたりともまちがいなく柔道をやっている。
短い髪の毛を何ヶ所かで束ねた少女と、イガグリ坊主の少年。
ふたつの大きい背中のせいで、当然うしろの人は
何も見えない。
後方に立つ、やはり柔道のパパに何かを言われ、
姉弟は時々振り返ってパパに返事。

たまりかねた、ある女性客が 「 座ってもらえる?」 と、
ふたりに。
姉弟は、「 はい 」 とも 「 すいません 」 とも言わず
しぶしぶ座る。
みんな、喜んだ。

すかさず、ガラガラ声の柔道パパが声をかけた
「 おまえたち、座ると見えないだろ 」
うなずく子供たち。
「 じゃ、立て 」
命令どおり、再び立ち上がり、壁を建立する姉弟。
観客に視界が開かれたのは、ほんの数秒だった。

人の道をふさぐ親子にはいつ視界が開かれるのか?
柔道の本質 「 人の道 」 の。
[PR]
by fighter_eiji | 2008-05-27 07:45
<< 本、絵画、音楽が自分になる ワンちゃんの麻薬はどこ? >>