2011年 02月 05日 ( 2 )
Grandmaster cheaters
Sumo guys not just throw games, but also
swindle money in any way they can.
Big fat meatballs.

  - Mainichi News (Feb 5, 2011) -

  元春日錦、08年訴訟で陳述書 「潔白主張」
c0157558_11361634.jpg

▲ 竹縄親方(元前頭・春日錦)
両国国技館で2011年2月2日、武市公孝撮影

 八百長疑惑で、相撲協会に八百長への関与を認めた元前頭・春日錦(35)=現竹縄親方=が08年、講談社を相手取った名誉毀損(きそん)訴訟の原告として「八百長など一切していない」とする陳述書を東京地裁に提出していた。
前頭・豊桜(36)も八百長を否定する陳述書を出していた。
訴訟は10年10月に最高裁で確定するまで争われており、元春日錦は八百長に関与する一方で、裁判では潔白を主張。【森本英彦】

 週刊現代が07年に朝青龍らの八百長を報じたことに対し、協会と力士ら30人は計6億1600万円の賠償を求め提訴。
記事に元春日錦や豊桜の名前はなかったが「ガチンコ(真剣勝負)力士は12人だけ」と書かれたため、疑惑を持たれたとして原告に加わった。

 08年7月に提出した陳述書で、元春日錦は「私は八百長など一切行っておりませんので、記事は事実ではありません。八百長をしているかのように思われてしまい、私の名誉は大きく傷つきましたので、この裁判で、傷ついた私の名誉を回復したいと考えています」と述べていた。

 同誌はその後、元春日錦と元幕内・若ノ鵬=大麻所持事件で解雇=の八百長疑惑を報道。
この記事にも08年11月の陳述書で反論し
「絶対にそのような事実はありません。私は若ノ鵬とプライベートでの交流は一切ありません」と訴えた。

 豊桜も08年7月に提出した陳述書で「八百長など一切行っていない」と主張していた。

 1、2審は「記事が真実との証拠はない」と認定し、最高裁も10年10月に講談社側の上告を棄却。
計3960万円の支払いなどを命じた2審判決が確定し、計44万円の賠償金が2人に支払われた。

 野球賭博の捜査で警視庁は元春日錦の携帯電話を押収。
10年3〜6月に元春日錦が「後20で利権を譲りますがどうですか?」「昨日お願いされたからとりあえずコケます」と八百長をうかがわせるメール22通を送っていた。

 協会の放駒理事長(元大関・魁傑)は2日の会見で「過去に一切なかった、新たに抱えてしまった問題」と述べ、これまでは角界に八百長はなかったと強調していたが、陳述書の信用性が問われる事態。


  ==

ウソをつくことは、偽証罪という大罪。
協会の理事長の元・魁傑も大ウソツキ。
ずっと前からやってるのを知ってるはず。

そんなゴミどもが親方だから、子分もカス。

そんなやつらが30人も束になって告訴し、
裁判官もインチキ詐欺師だから彼らに大金を払った。
それは、みんなのママやパパの働いたお金。

インチキを知ってて、今まで報道・放送をし続けた
NHK も共犯。
今は、八百長報道して、いい子のフリしてる。

強かったウルフ千代の富士なんか、みんなのヒーロー
だったけど、結局は犯罪者。
ブッシュが来たら、歓迎パーティにホイホイ行く野球の
長嶋なんかも話にならない。
大ヒーロー、王選手が、監督だったソフトバンクの選手たちは
未成年で飲酒、タバコ、パチンコの毎日。
メダルをもらうと、石原みたいな極端に腐った人種差別者に
あいさつに行くアスリートたち。

スポーツには、とんでもない破格なバカがいっぱい。
[PR]
by fighter_eiji | 2011-02-05 11:44 | English
真珠湾、愛媛とハワイ
子供たちへ :

軍隊に入ると、いろんな形で人殺しになる。
それは、悲劇。

この事故の日、エイジはちょうど愛媛県にいた。

   - 時事通信 (Feb 5, 2011) -

       衝突の記憶「墓場まで」
  生存の船員、引け目も―えひめ丸事故10年  

ハワイ沖で愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」が
原子力潜水艦に衝突され、9人が死亡してから10年を迎える。
子どもや夫を亡くした遺族、生き残った生徒や船員は10年間、
心の傷と闘いながらそれぞれの道を歩んできた。

 「墓場まで記憶を持って行きますよ」
甲板員だった村井正男さん(61)。

 「ドーン」という音と同時に2、3メートル飛ばされた。
起き上がると、潜水艦の船尾が目に入った。
船内に走って「全員上がれ」と叫んだが、
海水が下から激しい勢いで迫ってくる。
「全員飛び込め」の言葉に、救命胴衣も着けず海へ。
必死に泳いだ。

 「ゴオッー」という音に振り返ると、船が縦になり、
船尾から沈んでいた。
「沈む時に泣くと聞いていたが、こういう音なのか」。
衝突からわずか5分ほどの出来事だった。

 事故後1年間は特につらい日々を過ごした。
「なぜ生徒を助けなかったのか」。後ろめたさを感じた。
助ける時間などなかったと頭では
分かっていても、何度も自分を責めた。

 それでも新しく建造されたえひめ丸に再び乗った。
「県の職員である以上、生徒のことも考え、奉公を全うしないと
いけない」と自分に言い聞かせたが、
「ハワイに行けば(亡くなった)皆に会える」との思いもあった。

 事故の記憶は何度もよみがえった。
忘れたい気持ちもあったが、「絶対に忘れることはない」
ハワイへ実習に行くたび、慰霊碑や現場で黙とう。
「また来たよ」と心の中でつぶやいた。昨年3月に定年退職。
漁師となり、福井県三国町で今も船に乗っている。 
[PR]
by fighter_eiji | 2011-02-05 11:31 | Children’s Times