人気ブログランキング |
<   2007年 10月 ( 368 )   > この月の画像一覧
ヘナチョコ
私の根性のなさは半端じゃなかった。
ボクシングの練習は夕方5時か6時頃。
毎日3時頃になると考え始める、練習に行かなくていい理由を。練習がいやだった。
朝は走らなくていい理由をあれこれ考える。

ジムの練習も、ロードワークも結局、しないための正当な理由は見つからない。
でも、その無駄な理由探しを毎日毎日繰り返していた。
面白いことにその理由を説明する相手はどこにもいなくて自分自身なんです。
行かなくたって、走らなくたって、誰にも何も言われない。

私はヘナチョコでした。今もそうです。

私は「根性がある」と時々、勘違いされているようなので事実を書きました。根性は全然ありません。

ジムでは根性のある仲間が何人もいました。また、世界には想像を絶する根性のある選手たちがいます。もちろんボクサーでなくても勇気の塊(かたまり)の人達がいて、彼らから多くを学びます。


  ●○ 読者からのコメント ●○

私もそう、へなへなチョコ!!!
いつも、出来ない理由を探してる。
で、夜になって後悔する。
”自分との約束”が一番簡単で難しい。子供やパートナーには『約束を守って!!』って言ったり『約束を破られた!!』とイラついている。

恥ずかしい。
改めます。コレも「自分との約束???」

優しさあふれた、強い人間になりたい。
by fighter_eiji | 2007-10-29 01:40
キュウリとニンジン
c0157558_17523971.jpg
キュウリ1本がそのままゴロン。
ある子はそのままのニンジンが1本。
別の子はふかしたじゃがいもをまっぷたつ。
あとは穀物入りのパン。

それは小学生の遠足の弁当。
ノルウェーのリレハンメルの川の上流に来ていた子供たちのランチを見せてもらいました。

女性の先生が遥か彼方の山の上にあるスキーのジャンプ台を指差して言った「さっき、みんなであそこまで行って来たんですよ。この自転車でね」
先生はそうした元気な生徒達を心から誇りに思っている。
そういう先生を生徒達は大好きにちがいない。

太陽がキラキラ輝く短い夏の終りの日。
人が手を加えてない川で、手を加えてないお弁当。連れてきた大きいワンちゃんと水遊び。
水に太陽が反射して子供たちの笑顔がより一層輝く。

いいなぁ!

川柳: 愛情と、自然があれば、ボク幸せ

** あの弁当は「作って」はいない。あるものを切って持ってきただけ。それでいい。
by fighter_eiji | 2007-10-29 00:32
ジャンプ台
c0157558_17534921.jpg
スキーのジャンプ台。
ノルウェーのリレハンメルで初めて、ジャンプ台の上から下を眺めた。
リレハンメルの町が下に小さく見えて、その先の湖が見える。なんだかあそこまで飛べそうな気がする。

ジャンプは危険な競技。豪快で美しい。

学校の大勢の子供たちを見ていて、彼らがそういうことに挑む人間になって欲しいと思う。
覚悟を決めることのすがすがしさを知ってもらいたい。
安全なことばっかりしてたら勇敢になれない。緊迫感がない。潔くなれない。日々をきちんと生きられない。

人生はジャンプだ。飛べ!
by fighter_eiji | 2007-10-29 00:08
ワンちゃんは賢い
c0157558_17544392.jpg
道で出会うワンちゃんの顔を見ていると「この子は大体の人間よりかなり賢い」と思う顔をしたワンちゃんによく出会う。

ワンちゃん、オレも学んであなたのようになりたい。

川柳: 信用して、疑わないから、顔きれい
by fighter_eiji | 2007-10-28 23:22
勉強きらい
「うちの子は勉強は大きらいだし、塾もイヤだと言うし、外で遊んでばっかりで、この間も木から落ちて足をけがして、言うことは全然聞かなくて、困った子です」とお母さん。

正常な子ですね。私は大好きです。
by fighter_eiji | 2007-10-28 23:06
山手線
c0157558_17581865.jpg上野駅で電車に。
もう1時間走った。かなり遠くへ来ただろう。
「次は上野です。上野に止まります」と車内アナウンス。
山手線はグルグル回る。

毎日、毎週、同じところに行って、同じ人とだけ会ってる人は山手線の乗客。

新しい所に行かないと本当の進歩はない。
同じ所に100回旅行するよりも、初めての所に1回訪れた方がインパクトが強い。

「こんなに忙しく働いているんだからいいだろう」と考えている人、確かによく働いている。クルクルマシンを走るハムスターにならないように。

「ボクは家から離れてこんな遠くで学んでるから大丈夫」と思う人、もちろん家を出ない人よりは進歩したけど、お釈迦様の目からすれば、しょせんお釈迦様の手のひらの中。
人間は小さい。距離よりも大事なのは視点。海外に住んでも日本人としかつき合わない人がたくさんいる。

私の行動範囲も、3丁目に住む野良ネコと同じくらい。

川柳: よく走る、回転速くて、景色見ず
by fighter_eiji | 2007-10-28 22:48
最悪と最高
c0157558_18382857.jpg
● 最悪の経験は?

答え: ボクシング
殴られて殴られて、鼻と口は血だらけで、頭は痛くて、アゴが痛んで何も噛めなくて、打たれたあばら骨がズキズキして、足の裏はいつも皮がむけて歩くのが痛くて、ノドは渇いても減量。

● 最高の経験は?

答え: 一番、学べたボクシング。
あれを抜きでは私は精神が形成できなかった。もちろん、今でも全然ダメだけど。
by fighter_eiji | 2007-10-28 22:16
ボクシング療法
c0157558_18393025.jpg
ボクシングで子供を"治したい"親たちが多い。例えば・・

 気が弱い子
 体が弱い子
 元気がない子
 いじめられてる子
 気が強すぎる子
 いじめっ子 ・・等々

1年位でみんな良くなります。

でもひとつだけ治せない症状があるんです。
それは「アマタレ病」
タイムマシンで幼い頃に戻らないと無理なんです。

川柳: わがままに、つける薬は、ありません
by fighter_eiji | 2007-10-28 22:07
拳闘の教え
ボクシングにはいろんなことを教わった。
中でも、特にこれというのを一言で言うと・・

川柳: 楽したら、払う代償、大きいよ
by fighter_eiji | 2007-10-28 21:54
問題ない
身長はママより大きくなった中学3年生の息子を後ろに従えて、
「はい、うちの子は口ごたえもしないし、言うことは聞くし、何でも言う通りにしてくれるから、まったく問題ない子です」とお母さん。

それは大問題でしょう。
by fighter_eiji | 2007-10-28 21:49