正しい警察官=仙波敏郎さん
c0157558_20351851.jpg
上司に「うその領収書を作れ」と言われたので断ったら、署内でいじめられた。
無理やり配属転換させられて裁判に。

参考資料:

http://ww7.enjoy.ne.jp/~j.depp.seven/newpage/newpage1.html

http://koji.blog1.fc2.com/blog-entry-212.html

■領収書偽造・裏金問題を突っ込まれての愛媛県警幹部の発言

他人名義の領収書の使用が許されるという法的根拠はないが、
使用してはならないという法的根拠もない。

                    愛媛県警本部長 粟野友介

苦情は、電話やメールなど、あわせて520件に上る。
しかし、内容については「バカ、うそつき」などといった誹謗中傷などのほか、精神異常者と思われる内容の無いものもがあわせてが7割。
~~~~~~~~~~~~
                    愛媛県警総務室長 大石亘

=====

仙波さん、正義を通してくれてどうもありがとうございます。

他の全国の警察官のみなさん、どうして正義の人に賛同しないんですか?
答えは知ってるよ。かわいいのは自分だからね。だったら即、今の仕事を辞めましょう。

警察の腐敗がピンとこない人。映画「セルピコ」を観れば分かります。

(ここでは東京新聞やウェブに掲載されている正義感のある方たちの資料を利用させて頂きました。皆さん、社会のために尽くしてくれてありがとう。)
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-11 20:27
美の冒涜=迷宮美術館
美への冒涜(ぼうとく)が敢然と行われている。
NHKハイビジョン「アート・エンターテインメント、迷宮美術館」では歴史的・文化的最高基準のアートとアーティストにフォーカスをあてる。

同じ番組内で、つけひげにパンツいっちょの男が宴会の酔っ払いのごとく踊る、まったく聴けるような代物ではないキャストの耳障りなナレーションにのって寸劇のつもりの見るに耐えない宴会踊りがきれいな画像のハイビジョンで映し出される。
裸婦の絵が出ると男たちが下品に騒ぐ。
アーティスト達の子孫が見たらどんなに怒り嘆くことだろう。

いやらしいスポーツ新聞の記事やマンガのファンには楽しいのかも。
美の対局的感覚いっぱいのスタジオにタレントを何人かよんでいて、いつもクイズ、クイズ、クイズ、クイズ。
世界一の幼稚さを誇る日本のテレビの代表格。
外国人に見てもらったら「日本でしかあり得ない。こんなのが放送されるわけはないし、仮にされたら視聴者が黙っていない。」
3年程前、中国へ留学中の大学生数人がパンツいっちょで踊って逮捕された。日本の大人の下品さに染まりすぎた若者達。そうした宴会踊りが美術の巨匠達を紹介する番組で披露される。

最高の作品と芸術家にスポットをあてながら、最低レベルのものを流す。
最高のアイデアと最低の番組が同居。
美が分かる人にはできない離れ技。

そう言えば、教育テレビの英語番組はアイドルみたいなねえさんが何人か出てきてワイワイキャーキャー。アイドル踊りも披露。これも冒涜。

NHK番組「英語でしゃべらナイト」のディレクターは電車内の痴漢で逮捕された。なるほど、そうじゃナイト。
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-11 13:21
Government
c0157558_20393969.jpg
American government lies.
Chinese government hides.
Japanese government changes stories.
Russian government tells you what to do.
Indian government doesn't do anything.
Canadian government listens to people because
they'd lose their jobs otherwise.
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-11 12:38 | English
same old
A news today:
"Sep. 9 - Israeli police have arrested eight youths on suspicion of active membership in an alleged neo-Nazi cell." - reuters

It's shocking.

In Japan, finding new-fascists won't be even a news. The government, regular people, writers, journalists, there are too many of them and the worst part is that they don't realize that they are one of them. They are actually "same old fascists"
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-11 11:01 | English
ねほり、はほりはいけない  
外国で、あるいは日本で外国人が一緒の時によく聞く会話:

 代表的なよくない質問

● 何歳ですか?
● どこから来ましたか?・・聞き方、相手のようすに注意
● 仕事は何?・・聞き方に注意
● 結婚はしてる?
● お父さんは?お母さんは?・・職種・血筋・人種を割り出そうとしている

パーソナルなことを、ねほりはほり聞くのが一番いけない。そういう人に限って自分のことは言わない。
こういう質問ばかりされて、いやな思いをした人を何百人見たことか。

いやな質問をされたら・・にっこりと笑って「どうして知りたいんですか?」と相手に聞き返しましょう

川柳: 質問から、あなたの程度が、分かります
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-10 23:08
幸せカップル
c0157558_20423360.jpg一緒に出かけているお年寄りのカップルを見ると嬉しくなる。
特に日本では少ないだけに。

* 夫婦別行動の人たちは・・

ママ: 4つの買い物袋を持って、三越の喫茶店で高いケーキと900円の紅茶を飲んでいるおばさんがどっさりいる。

パパ: 夜11時の焼鳥屋ではサラリーマンやおっさん達が酔っ払って大騒ぎ。出てきた途端に道にゲボッ! 電車に乗ったら、臭い息で女性に「ちょっと、ねえちゃん」。
日曜はパチンコ。

川柳: ひとりケーキ、ふたりの方が、おいしいよ
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-10 22:28
人生を変える「ありがとう」
c0157558_20455823.jpg
幸せになれる人  =「ありがとう」をよく言う人
人に好かれる人  =「ごめんなさい」をきちんと言える人

多分、ダメな夫婦 =「ありがとう」を言わない
モヤモヤした夫婦 =「ごめんね」を言わない

「ありがとう」を言えない理由 =感謝してないから
「ごめん」を言わない理由   =反省してないから

「ありがとう」を言わないと =きつい顔になる
「ごめん」を言わないと   =口がへの字に曲がる
両方とも言わないと     =すべてダメになる

問題を解決する方法 =「ありがとう」そして「ごめんね」を相手の目を見て言う
ややこしくなる方法 =お金に頼ったり、作戦を練ること

一番の不幸     =「ごめん」も「ありがとう」も言わない日常

幸せになりたければ =「ありがとう」をたくさん、「ごめん」もきちんと言う
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-10 22:20
YOU Can Change the World
c0157558_2048319.jpg
Do you know KIVA?
Please visit this web site:

http://www.kiva.org/

You can change other people's lives to be better ones, change yourself and change the world eventually.

KIVA and Matt Flanery the founder was ranked #1 by recent Newsweek's "Social Entrepreneurs" ranking.

We are all parts of the "ties(=Kiva)" that bind us together.
Thank you, Matt and Jessica for making lots of people happy !
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-10 22:07 | English
マッチ売りの少女がたくさん
c0157558_20494876.jpg
クリスマスはまだ先ですが、ふと思ったことがあって・・

私にとって一番悲しい童話は「マッチ売りの少女」です。
読むたびに彼女の孤独、忍耐、希望、夢が心を打ちます。

その中でも悲しいのは彼女が「誰にも気に留めてもらえない」ことです。

その意味でマッチ売りの少女はそこらじゅうにいます。
みなさん、人のことを「気に留め」「気にかけ」さらに「声をかけて」あげてください。
人間には悪い癖があります。それは「自分の家族」と「他人」を分け隔てることです。その「他人」だってだれかのママであり、だれかの子供なんです。

クリスマスやお正月が来るとみんな楽しそう。でも楽しい日だからこそ、人の何倍もさみしい思いをしている人が大勢います。「心にかけて」あげてください。食事によんであげてください。

私だってあなただって、いつ「マッチ売り」になり、家族の団らんを窓の外から眺める運命になるかも知れません。
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-10 21:50
どっちが先?
デパートでエレベータを待っていた。ベビーカーも2台待っていた。扉が開いた瞬間にどこかから猛スピードで走ってきた7才位の子供が2人、みんなの前を突っ切って、降りる人よりも先にエレベータへ乗り込んで「ママ、何階?」と叫んだ。
即座にママは「人が降りるのが先でしょ!」と子供たちに。

私の順番が来て、乗り込んだ時、子供たちに言った「『降りる人が先でしょ』って、ママは正しいこと言ってくれていいね」。お母さんがこっちを見て「どうも」。
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-10 21:27
Bag People and Boots Kids
c0157558_20515318.jpg
To me, the most depressing things I see in my daily life are ..

a) In Japan: So many people carry Louis Vuitton bags and wallets etc. Even 12 year old children do so.

b) Outside Japan: I come across young Japanese people who must be in their twenties and yet belong to a travel tour group to follow the flag like sheep. They are all dressed cool with cowboy boots and so on. Often boys are with their girlfriends and wives. Those ladies don't seem to care the fact that their partners just follow the flag instead of enjoying the real adventure of visiting new places.

This is the result of how the Japanese society is designed. Here is the manual book to follow. Don't think. Just do what you are told.
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-10 20:37 | English
Monkey See. Monkey Do.
c0157558_20524320.jpg
Louis Vuitton の雑誌広告にカトリーヌ・ドヌーブが出ていた。ざっと思い出せるだけでも、J・ドゥミ、ルルーシュ、トリュフォー、メルヴィル、ブニュエル、テシネ、オゾン、オリヴェイラ、トリアーなど一流監督たちとの仕事。

監督をはじめとし、周辺の社会的、思想的、哲学的にハイレベルの人達が彼女を人として大きくしたはず。セザール賞も受賞、オスカーノミネートも多数の大女優。今、生きているフランス人女優としてはジャンヌ・モローに次ぐ大御所。女優としてだけでなく文化人として、芸術にうるさいフランス人が認める。

だからこそLouis Vuitton を持ってもおかしくない。
中身も経験もないのに買いまくる日本人をフランス人だけでなく世界が笑っている。今や小中学生も持ってる。
最悪な事実は大枚をはたいておきながら、全然ぜんぜんゼンゼン似合わないどころか、その人の人間性に疑問をもたらす。

人が持つと自分も持ちたがることを "Monkey See. Monkey Do."と言うがそのメンタリティを世界は理解できない。
理解できないだけでなく、その「お金があるから買う」という短絡性が多くの人を落胆させている。

その奇妙な傾向は映画「グラン・ブルー」「クロコダイル・ダンディー」「ぺイネ・愛の世界旅行」でも、工場のロボット的な日本人という形で登場。
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-10 20:30
A baby and a pet
c0157558_20542375.jpg
In May 2007, Japan started something really unusual called "Baby Postbox". If you want to dump your baby, just bring her/him to this mailbox type of thing.

On May 15, they've got the first boy abondoned in the box. They found out that he is 3 years old already.

I recalled about it as I heard a news yesterday that two 3-foot long crocodiles were found in Kanazawa City, Japan. Someone must have dumped the crocodiles as they grew too big.

If they round up the usual suspects, they should know that it might be the same guy who did both.
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-10 20:12 | English
Bye Bye Pet
c0157558_2056868.jpg
金沢で1メートルのワニが2匹見つかった。大きくなって飼えなくなったペットのワニを捨てたらしい。
「赤ちゃんポスト」というひどい呼称の施設がオープンすると3才の子も置き去りにされたことを思い出した。同一犯の犯行か?
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-10 19:51
The Truth is Out There
c0157558_20571552.jpg
If you have a friend in Kenya, you will feel great if the sprinters from Kenya are winning in the track & field races. It doesn't matter if someone from your own country is losing or way behind.

If your friend in Uganda needs medicines for her/his baby, you will send them to your dear friend.

If your daughter marries a Nicaraguan, you want to visit them with lots of presents asap.

If you were helped by Iranian people when your money and food ran out as you were backpacking in the area years ago, you don't want to go there and shoot people even if your country tells you to.

If you go to Vietnam and see a number of people without legs as they got blown away by landmines when they were little, you don't want to save your money in your banks that are investing lots of money to mines and other weapon manufacturers. So many of major banks in the world do that. Probably yours too.

If you have been to those places that are shown on TV, you will know when TV is lying and hiding for a purpose.
The best media are your own eyes, ears and feelings.

Believe in the Power of Knowledge.

Being different is fun. Let's make friends here and there in the world. Your children will learn from you and make it even better as they grow.
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-10 19:36 | English
感動する場面
感動する場面
=マラソン等のレースでビリでも足がつっても完走する人

拍手を送りたい人
=環境が悪くても一生懸命努力して大会に挑む選手たち

応援したい人
=小国からひとりしか来られないオリンピック選手

さわやかな光景
=激しく競争した選手たちが試合後にたたえ合うようす

日本独自の悲劇
=電車内でマンガ本を読む光景(最近、女性も多い)

鉄道会社の低俗
=車内広告に水着のねえさん、下品な表現

つらいこと
=だれにも気持ちをかけてもらえないこと

むだなこと
=何にもチャレンジしない人生

むだなことPart2
=形だけで実行なんかしない国会や役所、会社の会議

むだなことPart3
=引出し→段ボール箱行きの警察の調書や報告書

がっかりすること
=国旗を振ったり自国の選手ばかり応援する人やメディア

悪い政府
=教育を利用し強制する

最低の政府
=事実を変えて、ストーリーを変え、強制する政府

死に向かう政府
=福祉・教育・医療ではなく、軍事に大金を使う政府

悲劇の始まり
=無知による憎しみ

悲劇な人々
=学ぼうとしない人

力がぬけること
=L・ヴィトンを持つ若者やママ達



不思議なこと
=大臣が1千万円を盗むと辞めればいい。スリは10円でも逮捕

安全に盗む
=公務員になって保険金・年金を盗めば無罪

醜いこと
=外国人や異教徒を差別すること。自分はそんなに立派?

卑劣なこと
=漂流難民に水も毛布も渡さず大海にまた放り出す沿岸警備隊



希望
=お金のためでなく、名誉のためでなく、人のために尽くす人
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-10 19:02
個人が世界を変える
c0157558_2185397.jpg
本当の平和は、国際理解なくして存在しない。
国際理解は、他の国々を訪れ、人と交流しなくては生まれない。
それは、となり村との関係も同じ。
自分の国(村)だけの平和を考える国は己(おのれ)を滅ぼす。
正しい社会は、各個人が自分を省みて自分を正さないかぎり達成できない。
反省しただけでは無意味。人のために行動してはじめて、船が進み始める。

***

映画「ぺイネ・愛の世界旅行」に次から次へと登場する世界の各地、歴史的人物がスラスラと分かる人が増えれば世界はいいところになると思う。地球をひとつに見ているから。大体の人が2-3のエピソードしか意味を理解できないのでは?映画は決してむずかしいことは言っていないけれど。

フランスのアンティーブにぺイネ美術館がある。革命の国、フランスは自由と平和を重んじる強い気質がある。
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-10 11:32
メガネが売れる
きのう盲目のヘレン・ケラーのことを書いたが、他にも視力面で助けの要る人たちがいる。メガネ屋さんに大チャンス。

● いつも定位置の路上で中古のマンガ本を山積みで売る人がいる
● 警察官だらけの首相官邸周辺で歩きタバコ&ポイ捨ての人がわんさか
● 何千万とある吸いがらを無視。ポイ捨てという犯罪の証拠品なのに
● コンサート会場入口ではチケットの違法売買(=ダフ屋行為)
● 「全館禁煙」となっている警察署内の署長室では署長がモクモク
● 交番内も警官の吐く息もタバコ臭くて入れない
● サラ金の看板があちこち
● 子供達も毎日乗る電車内のいやらしい雑誌広告オンパレード

おまわりさんに度数の合ったメガネを勧めれば?今は何も見えてないらしい。

● 明らかに騒音公害の「こわれたステレオ、バイク、家電製品を引き取ります」という軽トラックの回収業者。病気の人、お年寄り、赤ちゃんが寝ていようが関係ない。ボリュームは大きい方がいいみたい。

補聴器も売れる。

彼らは安全・安心な街づくり担当のプロの人達だからみんなで協力しましょう。

川柳: パトロール、肝心なとこは、通りません
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-08 20:00
賢者たち
c0157558_2111611.jpg
「日本人は賢い人たちだと思ってたのに」
今週日本を訪れているアメリカ人ビジネスマンがオフィスビルの前で飢えた動物のように必死で煙草に吸いついている10人ほどの会社員の男女を見て。

Playstationに脇目も振らずに夢中の大人と子供たちを見て・・
「日本人はスピリチュアルな人たちだと思ってたのに」

PS. 最近ニュースでよく見かける会議の名前は「賢人会議」「有識者会議」。そんな名前をほんとに名付けて、自分が堂々と出席して、一般に公開するのがへっちゃらな人は「賢人」や「有識者」?あるいは「非常識者」?
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-07 23:02
Smart and Spiritual People
c0157558_2112217.jpg
"I thought that Japanese people are very smart people" Steve from Florida who is visiting Tokyo this week said to me with a deep sigh when he saw a bunch of young people smoking as if they were drinking water like a horse after crossing a desert.

When he saw a bunch of adults and kids playing Playstation, he said "I thought that Japanese were more spiritual."
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-07 22:57 | English
理想のファミリー
c0157558_21131343.jpg
歩道の反対側を歩くある家族連れが気になった。なにか調和と一体感を感じる家族に出会ったのは台風が去った直後の蒸し暑い新宿。ジュースの自動販売機の前に来たと思うと、お金を手に何かを悩んでいた。どうやら千円札が戻ってきてしまうらしい。
「ひっくり返してやってみよう」と提案。冷たい飲み物をやっと手にした子供たちの目が輝いた。
「イギリスから来た。ニュージーランドに引っ越すんだ」とパパ。「先週、うちに泊まって行ったアメリカンの友達は家族4人でニュージーランドに5年前に引っ越したよ。子供たちにとっても最高の場所らしいよ。山、海、川・・全部あって。オレもビッグシティから出て、南へ行くよ」と私が返すとパパもママも子供たちも嬉しそう。
「都庁に行って上から眺めたいんだけど、それはどっち?」私もそっちに向かっていたので一緒に歩き始めた。パパは車椅子だけど家族は余り手を貸さない。サラ金の看板など障害物だらけの道だが階段を降りるのもひとり。違法駐輪の自転車やバイクの列も隙間を見つけて自分で進む。
新宿の道路を50メートル進むだけでも車椅子には5キロの苦労。「国政のレベルは障害者に対してどのくらい配慮がされているかで分かる」
日本がそうしたランキングで世界の後方に番付されているのを思い出した。
「強いもの優先主義・弱い者後回し主義」が歩道にも溢れる。

この家族の子供たちの目が賢い目をしているのに気がついた。人よりも余計にものを考え、行動しているから、より成長しているのだと思う。人よりも余分にママとパパの間の愛情を見ているから心が深いのだと思う。家族は多くを口にしていなくても、毎秒、深くコミュニケートしていて、優しさと厳しさのバランスを知っている。
自然いっぱいのニュージーランドが待ってるよ!
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-07 22:08
映画 『奇跡の人』 - あらゆる大人に
c0157558_2115674.jpg
各地の学校や町で、悩んでる先生や大人たちに出会う。
映画『奇跡の人』(アーサー・ペン監督)はすべての大人(+子供も)に観てもらいたい。
親がどうあるべきか。何がいけないか?先生とは?問題の解決法は?ヘレン・ケラーの実話を描くこの映画は多くを教えてくれる。
これから映画を観る人にそのストーリを話すのはいけないのでストーリーは話しません。
ただヘレンの家庭教師に雇われたサリバン先生が第一にとった行動は教育というものの本質を象徴。「家に置いていたままでは教育ができない」と考えたサリバンは甘え放題のヘレンを家から出して、甘やかし放題の家族から離して作戦を開始。

私が思い出すことはボクシングジムで「人の道」を生徒に伝えようとしていた頃、家に帰すのがいやだった。週に2-3回、2時間道場で学んだことが家ではかき消されそうな気がしていたから。生徒たちの家には行ったことがないが、生徒を見ることで親が見える。

お坊さんには千日修行。侍には武者修行。丁稚奉公(でっちぼうこう)。全寮制の学校やキャンプなど重要な意味を持つ。それなくして学べないものがある。それをさせない親の共通点は「自分がそういう修行をしたことがない」。だからその意味も理解しない。

サリバンは奇跡中の奇跡を実現します。そしてその苦闘の果てに得るものは「愛」と「自己克服」。サリバンとヘレンは先生と教師の関係を超え、まるで母と子のような絆を結びます。人が学び、達成するときは相互的なものです。

監督のアーサー・ペンに2004年ニューヨークの名門俳優スクール「アクターズ・スタジオ」で出会いました。当時、自らの演出によるブロードウェイショー「Sly Fox」をリバイバル上演中のペン監督はアクターズ・スタジオのメンバーたちが学び合うワークショップに参加していました。前年にはフランスで映画作りを目指す若者たちにセミナーを行なっていた。80才を超えても向上心いっぱい。
サリバン先生を演じたアン・バンクロフトは翌2005年に亡くなった。舞台・映画人たちが役者を超えた偉大な人を惜しんだ。

当然ですが、本当に偉大な映画を作る人たちは人間として立派です。教育の本質をついた『奇跡の人』を生んだ彼らもまた「奇跡の人」たちです。
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-07 20:29
エンニオ - 本物を感じること
c0157558_21155178.jpg
7-8才の頃、Ennio Morricone / エンニオ・モリコーネの音楽に出会った。それ以来ずーっと聴いている。彼のおかげで多くを学んだ。「深さ」 「強さ」 「勇気」「真実」 などを音楽が教えてくれた。

深いものを知ったおかげで、浅いものの軽薄さがすぐに感じる (テレビ番組、音楽、歌、人間など)。おかげで浪費の時間が少なくなった。
畑でとれた野菜をその場で食べている人は都会のスーパーの野菜は食べられないし、買ったりしないように。

子供たちに 「ああしろ、こうしろ」 と言わずに本物を見せてあげましょう。そうすれば子供たちは多くを知ります。ガミガミ言われている子供たちはもうとっくに見抜いています。親たちが 「本物」 ではないことを。

エンニオのすごいところはそれはそれは大変な勇気があること。鐘の音、オルゴール音楽、手綱、コンドルどころか、ロバが出る映画にはロバの鳴き声を、尼僧の映画では尼僧のお祈りを音楽に取り入れた。そんなことは誰もしたことがない。初めてやってこそ本当の勇気。
バリバリにクラシックを学んでも、クラシックにありがちな 「石頭性」 はまったくない。

彼の奏でる悲しい音楽は悲しみにも美学があるほどに心にしみる。強制収容所でナチスがユダヤ人に無理やりオーケストラを作らせたことをモチーフに撮った 『続・夕陽のガンマン』 のワンシーンで象徴されるように彼の音楽にある悲しみは第二次大戦で若かった彼が心身に受けた感覚がベースにあるのでは。彼の音楽のおかげで私はずーっと戦争が嫌いと言ってもいい。

感覚の教育は早くしなくては。これは脳みそではないところの教育だから。そして実はそれこそが本当の教育では?今、子供たちに詰め込まれているものより優先されるべきものがたくさんあるのに、それが供給されていない。それは親もそれを持ち合わせていないから。

TVドラマ 「武蔵」 のレコーディングを2週間後に控えたエンニオに出会ったのは2002年7月。「 『宮本武蔵』 を読んだ。とても素晴らしい話だ」 という彼の目には当時まだ訪れたことのない日本の侍の生き方を音楽にする自信と創造力が溢れていた。

映画 『ミッション』 を観てください。映画の脇役であるはずの音楽が登場人物を超えるほどの生き物になっています。映画史上、滅多にないこと。

トリノオリンピックのフィギュアスケートではエンニオの音楽を4回位、耳にした。スケートの本物たちが音の本物を感じている。

**
トリノ五輪でも歌ったパバロッティが亡くなったときょうのニュース。パバロッティさん、世界に本物を見せてくれてありがとうございました。あなたも世界を平和にしています。音楽は永遠です。

Grazie e Ciao
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-06 22:19
小鳥が教えてくれた
c0157558_2116473.jpg
1994年頃、シチリア島の丘陵地帯をドライブしていた時だった。200メートル先の道路上にふたつのコップ位の黒い影が見える。ひとつは立っていて、もうひとつは横になっている。前の車が立っている方の影のわずか10センチほど脇をビューンと猛スピードで通ったが微動だにしない。
石ころか、木片かと思ったら、それが轢かれて死んだ小鳥の脇にたたずみ、夫か奥さんの死体をずっと眺めている小鳥だと分かった。
さっきの超特急のような車が通ってもまったく動かないその小鳥の姿は最も悲しく美しかった。
小鳥さん、生き方を教えてくれてありがとう。
生き物を殺してはいけません。
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-06 21:43
Police Show
きのう(2007年9月5日)東京、六本木で窃盗捜査中の警官が女性のハンドバッグをひったくり。被害者の友人の女性に取り押さえられた。駆け付けた警官は質問も尋問も必要なかった。顔を見てすぐ同僚と分かったから。

今年の3月、山形県のパチンコ店の売上金をパチンコ狂いの警官が強奪。彼は警察署でも18世帯の住民から集めた160万円を横領していた。その前は交通課で3回の書類偽造。パチンコ店から盗んだお金は雪の下に隠し、自らはその事件捜査に加わっていた。

川柳: パチンコで、負けたらすぐに、ひったくろう
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-06 09:23
ありがとう、映画
c0157558_21193196.jpg
- 映画で成長できる -

人生を無駄にしないため・・「生きる」
正義、発言、勇気・・「12人の怒れる男」
正義、真実・・・・・「セルピコ」
勇気と政治・・・・・「Z」
社会と狂人・・・・・「M」
親、先生、仕事・・・「奇跡の人」
正しきパパとは・・・「アラバマ物語」
子供とは・・・・・・「やかまし村のこどもたち」
誠実・・・・・・・・・・「ジョニー・べリンダ」
束縛、独裁、自由・・「制服の処女」
自由・・・・・・・・・・・・・「自由を我等に」
自由と希望・・・・・・・「暴力脱獄」
友情、自然と魂・・・「デルス・ウザーラ」
自然と人間・・・・・・・「大いなる勇者」
友情と生きる理由・・「シェーン」
心の声・・・・・・・「ローカル・ヒーロー」
父親と夢・・・・・・「フィールド・オブ・ドリームズ」
家族と信念・・・・・「怒りの葡萄」
父と娘・・・・・・・「晩春」

夢・・・・・・・・・「冒険者たち」
絆・・・・・・・・・「穴」
嘘・・・・・・・・・「この三人」
河・・・・・・・・・「フィッツカラルド」
感謝・・・・・・・・「バベットの晩餐会」
夫婦・・・・・・・・「三人の妻への手紙」
家族・・・・・・・・「家族」
故郷・・・・・・・・「故郷」
同胞・・・・・・・・「同胞」
日常・・・・・・・・「お早よう」
希望・・・・・・・・「素晴らしき日曜日」
人種・・・・・・・・「アメリカの影」
偏見・・・・・・・・「手錠のままの脱獄」
誇り・・・・・・・・「ペレ」
笑い・・・・・・・・「サリヴァンの旅」
順応・・・・・・・・「暗殺の森」
幻覚・・・・・・・・「ふたりのベロニカ」
幻想・・・・・・・・「みつばしのささやき」
悪魔・・・・・・・・「第七の封印」
砂漠・・・・・・・・「サハラ戦車隊」
革命・・・・・・・・「旅芸人の記録」
革命と理想・・・・・「灰とダイヤモンド」
偏見と成長・・・・・「招かれざる客」
社会と人間・・・・・「大理石の男」
どん欲と破滅・・・・「黄金」
狂人と子供・・・・・「狩人の夜」
弱きを助ける・・・・「街の灯」
貧困と思いやり・・・「赤ひげ」
誇りと闘い・・・・・「大列車作戦」
愛なき人生・・・・・「道」
渇いた心・・・・・・「パリ、テキサス」
都会人の貧しさ・・・「オペラ・ハット」
村と人間・・・・・・・・「木靴の樹」
住民と信仰と侵略・・「ミッション」
老いと故郷・・・・・「バウンティフルへの旅」
生き物を殺すな・・・「Wataridori」
やればできる・・・・「ボーリング・フォー・コロンバイン」
気持が問題・・・・・「陽のあたる場所」
侵略と野望・・・・・「アギーレ、神の怒り」
暗殺者・・・・・・・「ジャッカルの日」
赤狩り・・・・・・・「ザ・フロント」
戦争・・・・・・・・「夢」の中の「トンネル」
侵略・・・・・・・・「麦の穂を揺らす風」
軍隊・・・・・・・・「突撃」
軍人・・・・・・・・「攻撃」
兵士・・・・・・・・「誓いの休暇」
軍隊と食糧・・・・・「遠い雷鳴」
軍隊と赤ちゃん・・・「戦艦ポチョムキン」
戦争と子供・・・・・「禁じられた遊び」
戦争と絶望・・・・・「地下水道」
戦争の悲劇・・・・・「かくも長き不在」
戦争の狂気・・・・・「影なき狙撃者」
戦争こそ狂気・・・・「まぼろしの市街戦」
奴隷制と現代・・・・「リトル・セネガル」
狂った集団心理・・・「逃亡地帯」
社会の暴走・・・・・「Ace in the Hole」

米と農民・・・・・・「七人の侍」
成長する人間・・・・「夜の大捜査線」
音楽は命・・・・・・「サウンド・オブ・ミュージック」
とどまる者、去る者・・・「ウエスタン」
カンボジア・・・・・「キリング・フィールド」
インドネシア・・・・「危険な年」
アルメニア・・・・・「アララトの聖母」
アボリジニー・・・・「裸足の1500マイル」
こわい!・・・・・・「サイコ」
面白い!・・・・・・「椿三十郎」
痛快!・・・・・・・「グロリア」

傑作中の傑作・・・・「天井桟敷の人々」
時間の無駄・・・・・最近目につく金儲けだけが目的のもの(=真の映画ではない)
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-05 20:47
Easy Make, Difficult Watch
Why every day, every minute is Japanese TV showing so much of -

- Hot springs
- Gourmet food tour - all they say is "delicious"
- Eating competition - that wastes great deal of food
- Quiz shows - they make anything into quiz
- Noisy talk among TV "talents" - laugh when it's not funny at all
- TV commercial with 15 seconds of most ridicuous dance

Why is no one complaining to them?
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-05 19:48 | English
大臣の記載ミス
大臣や議員でお金の不正をしている人のパーセンテージはイチローの打率よりははるかに高そう。皆さんの周辺のお友達を集めた時は1%位なものでは?なぜならそれは大犯罪だから。それが国を代表する政府の高官達になると高い。

鴨下大臣や上川大臣も「記載ミス」と言った。よく大臣たちが「ミス」と言うが、不思議なことにいつも自分が得する「プラス側へのミス」ばかり。損する方に「ミス」記入した人は見たことがない。
両方のミスがバランスよくあればプラスマイナスゼロにもなりえるけど・・

一般人がやっていればこれは「横領」「詐欺」。政治家がやれば「ミス」
詐欺師も一度政治家になって、同じ仕事をすれば牢屋に入らなくていい。銀行強盗も「ミス」だったと言ってみれば?でも政治家になってからじゃないとね。

阿部総理は「ミスが出ないような体制をつくることが大切」と言ったが、日本語の使い方もむちゃくちゃ。そんなことに「体制」などと大げさな。「家計簿のつけ方の体制」なんて言う人がいるか。政治家は大げさな言葉で立派であるかのように見せる。言葉も詐欺。
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-05 19:40
Gentlemanship
男に紳士が少ない。

● カフスボタンに高級時計・・ブリーフケースからマンガを出して読む
● レストランで周りの人には断らずにスパスパ⇒「灰皿があるからいいじゃないか!」
● どこでもタバコ
● への字の口のおじいさんに路上喫煙を注意⇒「どこに書いてあんだ!」
● くしゃみをこらえない。ハンカチを使わない
● スーツのサラリーマン・・グチャグチャ口を開けて食べる
● 会社の社長・・食後につまようじでチュッチュッといやな音
● 下品なジョークと品のない話題ばかり
● 電車やエレベータで女性よりも先に乗り、先に座る
● スポーツで優れても、人として成長しようとしない
● 教養を身につけようとしない
● 出産から子育てまで奥さん任せ
● 正義を優先できない
● 他人を優先しない
● 肩書きで人を判断する=差別する
● 決断せず、勇気も信念もない
● けち

ある有名デパートのゴルフ用品売場の40代の女性が「おじさんの客ばかりでおもしろくない」と言ったその瞬間、恰好だけは着飾った60代-70代の客がのどを「ガ――ッ!」とタンを吐き出しそうな勢い。女性が嘆くわけだ。紳士のフリしたニセ者がどっさり。

紳士であってこそ真の男
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-05 19:32
Viva Danish Rolls !
c0157558_2125222.jpg
During the War Two, Danish people & the government protected Jewish people. Eventually the number of Danish Jewish people who were taken to a camp was one while many many thousands of Jewish were taken away from other neighboring countries.
Right now in year 2007, the Danish government is inviting a number of Iraqi translators and interpreters who worked for the invading militaries to Denmark. They provide them everything they need including language education, medical, housing services etc.

I will be eating more Danish Rolls and may buy Danish chairs and a table.
I also want to move to Copenhagen and learn to be a better person.
Thank you, Denmark for showing true humanitarian actions.

"Babette's Feast" from Denmark is my favorite movie and the film shows their nice character too.
Tak (=Thank you),
[PR]
# by fighter_eiji | 2007-09-04 23:59 | English